アメリカのステーキハウスのおすすめは?焼き方や部位の種類も紹介

お気に入りに追加

アメリカの食事と言えば赤身のステーキを思い浮かべる人も多いでしょう。イメージ通りアメリカではステーキを食べることも多く、美味しいステーキハウスもたくさんあります。今回はアメリカのおすすめステーキハウスや注文時に役立つ焼き方・部位の種類をご紹介します。

アメリカのステーキハウスのおすすめは?焼き方や部位の種類も紹介

目次

  1. アメリカで本場のステーキを食べたい!
  2. アメリカのステーキの特徴
  3. アメリカのステーキのおすすめ部位
  4. アメリカのステーキの焼き方
  5. アメリカでおすすめのステーキハウス
  6. 本場のステーキを国内でも!日本上陸のステーキハウス
  7. アメリカのステーキを堪能しよう!

アメリカで本場のステーキを食べたい!

肉1
vika-imperia550

アメリカ旅行に行くなら外せないのが、本場で食べる赤身のずっしりとしたステーキです。日本で食べるサシの入った柔らかいお肉のステーキとは違い、赤身のしっかりとした旨味を感じることができるのがアメリカのステーキでしょう。

サイズ感も日本とは比べ物にならないアメリカンサイズです。ステーキ大国アメリカではステーキの部位や焼き方にもこだわりがあるようです。

今回はアメリカでステーキを食べるときに知っておきたい焼き方や部位の特徴、おすすめのステーキハウスなどをまとめてご紹介します。

アメリカのステーキの特徴

肉2
ColdSleeper

アメリカンな食事の代名詞として出てくるステーキですが、日本で食べるステーキとはお肉の部位や量が違います。では、アメリカのステーキとはどのような特徴があるのでしょうか。

アメリカ旅行に行く前に、アメリカのステーキの特徴をチェックしてみましょう。「アメリカへ行くなら本場のステーキを食べるべし」とおすすめされる理由についても合わせてご紹介します。

ビッグサイズ

肉3
Free-Photos

アメリカのステーキの特徴と言えば、なんと言ってサイズが大きいことです。日本では150gから300gが一般的なサイズですが、アメリカのステーキハウスでは1ポンドステーキも提供されています。

1ポンドは453gで、ビックサイズのステーキを食べる人も多いです。日本では1ポンド以上のステーキはほとんど目にすることがありませんが、ステーキの本場アメリカでは1kgを超えるステーキを食べる強者もいるようです。

値段が安い!

肉4
Bru-nO

日本でステーキを食べようと思うと、1枚で1500円以上するのが一般的で世間的には「ステーキは高いもの」というイメージがあるはずです。しかし、ステーキ大国である本場アメリカの場合はステーキの価格が安いと言われています。

アメリカのステーキは部位によっても値段が違いますが、一般的には100gあたり100円〜200円と日本のステーキハウスで食べるよりも価格が安く設定されていることがほとんどです。

これは日本では国産の牛肉が高いことや、輸入の場合は関税がかかることが関わっていますので、普段輸入肉として食べているアメリカ産のお肉も本場アメリカに行けば国産のお肉として低価格で食べることができます。

部位の種類が豊富

肉5
tomwieden

ステーキの本場アメリカで食べることができるステーキは、ステーキハウスによっても違いますが部位の種類が豊富で様々なお肉を食べることができます。

日本でステーキを食べる場合に人気の部位はサーロインやフィレです。本場アメリカでも当然サーロインやフィレは人気ですが、それに加えてTボーンやリブアイがあり食べたいお肉の質感や脂の量によって変えることができます。

アメリカの文化や歴史について詳しく紹介!日本都の大きな違いは?

アメリカのステーキのおすすめ部位

肉6
Shutterbug75

アメリカで本場のステーキを食べるなら、どんな部位のお肉を食べることができるかをチェックしておくと良いでしょう。日本ではあまり聞き慣れないお肉の部位も、ステーキの本場アメリカなら一般的に食べられています。

ここからはアメリカのステーキのおすすめ部位を4つに分けてご紹介します。日本でもよく聞く部位から、日本ではあまり食べられない部位まで、本場のおすすめをチェックして美味しいステーキを食べましょう。

サーロイン

肉7
adoproducciones

日本のステーキハウスでよく食べられるのが、このサーロインという部位です。牛のどの部分に当たるかというと、サーロインは牛の腰の上部分のお肉で、適度な脂と柔らかな肉質です。

ステーキの本場アメリカでも当然人気があり、よく食べられていますので、食べ慣れたステーキの味をアメリカでも堪能することができます。

アメリカの場合は日本で提供されるサーロインステーキよりも厚切りであることが多いので、日本のステーキハウスで食べるよりもずっしり感を感じるでしょう。

フィレ

肉8
RitaE

フィレはサーロインより下の部分で、お尻に近い部位のお肉になります。他の部位に比べても脂肪分が少なく柔らかで食べやすい赤身のお肉が特徴的です。

フィレの仲間にはテンダーロインやシャトーブリアンがあり、ステーキの中でも高級な部位にあたります。テンダーロインやシャトーブリアンが他の部位よりも高級な理由として、1頭あたりから取れる量が少ないという理由があります。

アメリカでも値段が張ってしまうので、フィレやテンダーロイン、シャトーブリアンと言った部位は特別な日にしか食べない人も多いようです。

Tボーン

肉9
u_rt5bpvly

日本でもアメリカンな食べ方を提供するステーキハウスでは目にすることも多いTボーンステーキは、牛のお腹の部分である「ショートロイン」という部位に分類されます。

サーロインとテンダーロインの2つの味が楽しめるTボーンステーキはアメリカでも特に人気が高い部位の一つです。特徴としてお肉の真ん中にT字の骨があります。初めての人にとっては少々食べづらいかもしれませんが、おすすめの部位です。

リブアイ

肉10
Couleur

「リブ」とは牛の肋骨の部位で、日本でもステーキハウスによってはリブステーキを提供しているところがあるでしょう。脂肪分が多めですがしつこくなく、お肉の甘みをしっかり味わうことができるおすすめの部位です。

リブアイは「デルモニコ」と呼ばれることもあります。ステーキの本場アメリカではサーロインよりもリブアイの方が贅沢なお肉という人気があるようです。

本場アメリカで良いステーキをガッツリ食べないなら、リブアイを選ぶことをおすすめします。

アメリカのステーキの焼き方

肉11
dbreen

日本でもステーキハウスでステーキを食べる時にお肉の焼き方をオーダーします。日本人が好むのは「ミディアム」や「ミディアムレア」ですが、本場アメリカのおすすめとはどのような焼き方なのでしょうか。

一般的なステーキの焼き方と合わせて、アメリカ人がおすすめするステーキの焼き方をチェックしてみましょう。

Rare(レア)

肉12
TheAndrasBarta

「Rare(レア)」は、ステーキの表面だけを強火で短時間焼いた状態で、焼き具合としては3割ほど焼いた状態のことを指します。レアではお肉の中心部はまだ生の状態ですので、新鮮なお肉の場合におすすめの焼き方です。

牛肉で食中毒になることはあまりありませんが、レアの場合は肉の中心部が生の状態ですので、人によっては食べた後にお腹の調子が悪くなってしまう場合もあるかもしれません。

Midium Rare(ミディアム レア)

肉13
Bru-nO

日本で最も多く注文される食べ方が、レアよりも火を通した「Midium Rare(ミディアム レア)」でしょう。日本のステーキハウスではミディアムレアを注文する人が多いですが、レア状態に焼いたお肉を熱々の鉄板に乗せて提供されることが多いです。

鉄板の上で丁度食べ頃のミディアムレアになるように調整しているステーキハウスが多く、おすすめの焼き加減としてミディアムレアを紹介する人が多いでしょう。

肉の旨みと歯応えを感じることができるおすすめの焼き方ですので、覚えておくとステーキハウスで食事をする時に便利です。

Midium(ミディアム)

肉14
RitaE

こちらも日本人が好きなおすすめの焼き方です。ミディアムレアよりも火が通っている状態ですが、中心部はまだ赤い部分が残っていますので、バランス良い味わいを楽しめる焼き方でしょう。

切ると肉汁が出てくる状態なので、ジューシーなステーキが好きな人におすすめです。ステーキの本場アメリカでもよく食べられている焼き加減です。

Welldone(ウェルダン)

肉15
gurkanerol

日本のステーキハウスでは食べる人が少ないですが、アメリカのステーキハウスでは一番人気でおすすめされる焼き方が「Welldone(ウェルダン)」です。

ミディアムよりもしっかり火を通した状態のお肉で、中心部がほんのりピンク色の状態が特徴です。アメリカでは肉の旨みをしっかり味わうためにウェルダンで食べる人が多く、本場アメリカのおすすめはウェルダンのようです。

本場のアメリカでステーキを味わうなら、ぜひウェルダンでステーキを食べてみましょう。

アメリカでおすすめのステーキハウス

肉16
Federlos

ここまではアメリカでステーキを食べる時におすすめの部位や焼き方についてご紹介してきましたが、ここからは実際に本場アメリカでおすすめのステーキハウスをチェックしていきましょう。

アメリカには数多くのステーキハウスがありますが、日本人にもおすすめできる美味しいステーキハウスはアメリカ旅行前に要チェックです。

ピータールーガー・ステーキハウス(Peter Luger Steak House)

アメリカ・ニューヨークにある「ピータールーガー・ステーキハウス」は1887年創業の老舗ステーキハウスで、全米1位にも輝いたことがあります。ニューヨークへ行くなら必ず行きたいステーキハウスです。

ピータールーガー・ステーキハウスでは熟成肉を使ったステーキがおすすめです。噛めば噛むほど旨みが口いっぱいに広がるステーキは、一度食べたら虜になってしまうこと間違いなしでしょう。

ブロードウェイの通りにあるので初心者でもアクセスしやすく、観光客も多いです。食事をするなら予約必須ですので、必ず予約をしましょう。

住所

178 Broadway, Brooklyn NY 11211

電話番号

(718)387-7400

営業時間・定休日

11:45〜21:45

アクセス

タイムズスクエアから車で約20分

公式HP

https://peterluger.com/

ロウリーズ・ザ・プライムリブ(Lawry’s The Prime Rib)

「ロウリーズ・ザ・プライムリブ」はラスベガスにある老舗のステーキハウスで、日本にも店舗があるおすすめのステーキハウスとして人気があります。

店名にもなっている通り、プライムリブを使ったローストビーフが人気メニューですがリブアイステーキもおすすめです。優雅な時間と美味しいステーキを味わうことができる店内では、卓越したサービスが提供されています。

アメリカ旅行の大切な思い出を彩るひとときを、「ロウリーズ・ザ・プライムリブ」で過ごしてみてはいかがでしょうか。

住所

4043 Howard Hughes Pkwy, Las Vegas, NV 89169

電話番号

702-893-2223

営業時間・定休日

【ランチ】
月~金 11:30~14:00
【ディナー】
月~土 17:00~22:00
日 16:00~21:00

アクセス

ウエストゲートラスベガスリゾート駅から車で約10分

公式HP

http://lawrys.jp/

ハリーズ ステーキハウス(Harris' Steakhouse)

アメリカのおすすめステーキハウス3つ目は「ハリーズ・ステーキハウス」です。サンフランシスコにあるステーキハウスで、自分の好きな部位と焼き方を注文するスタイルです。

このお店でも熟成肉を取り入れており、ジューシーなお肉をガッツリステーキで楽しむことができると人気です。サンフランシスコだけではなくロサンゼルスにも店舗があり、ロサンゼルスの店舗は格式高い高級店としても知られています。

住所

2100 Van Ness Ave, San Francisco, CA 94109 

電話番号

+1 415-673-1888

営業時間・定休日

17:30〜22:00

アクセス

サンフランシスコ市庁舎から車で約3分

公式HP

http://www.harrisrestaurant.com/

本場のステーキを国内でも!日本上陸のステーキハウス

肉17
saritjokro

本場アメリカのステーキは分厚くお肉の旨みをしっかり感じることができるものが多いく、近年日本でもアメリカンなステーキが人気となっています。

本場のおすすめステーキを食べたくてもアメリカまでは行けないという人のために、日本に上陸したステーキの本場アメリカのステーキハウスをご紹介しましょう。

わざわざアメリカまで行かずとも日本で本格的なステーキを食べることができるおすすめのステーキハウスです。

ベンジャミン・ステーキハウス(Benjamin Steak House)

アメリカから日本に上陸したおすすめステーキハウス、まずは「ベンジャミン・ステーキハウス」です。2017年6月に東京六本木に出店、ステーキファンの間では非常に話題となりました。

本場アメリカ人にも愛されるステーキは熟成肉を使用しており、肉へのこだわりが非常に強いことが伺えます。店内は落ち着いた雰囲気で、大人なステーキディナーを楽しみたい日におすすめです。

住所

東京都港区六本木7-14-4 レム六本木ビル B1F

電話番号

050-3187-9089

営業時間・定休日

[月~土]
17:00~23:30
[日、祝]
17:00~22:00
[Lunch]
11:30~15:00

アクセス

都営地下鉄大江戸線 六本木駅より徒歩2分

公式HP

http://www.benjaminsteakhouse.jp/

ウルフギャング・ステーキハウス(Wolfgang's Steakhouse)

アメリカ・ニューヨークにあるステーキハウスの「ウルフギャング・ステーキハウス」は、創業こそ2004年ですが、創業者のウルフギャング・ズウィナー氏は名門ステーキハウスで40年以上腕を振るったステーキの鉄人です。

日本では六本木に店舗を構え、連日多くの人で賑わっている大人気店となりました。平均予算は1万5千円〜2万円と高めですが、特別な日の特別な食事にするならぴったりでしょう。

住所

東京都港区六本木5-16-50 六本木DUPLEX M's 1F

電話番号

050-5872-9994

営業時間・定休日

11:30~23:30

アクセス

東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅より徒歩4分

公式HP

http://wolfgangssteakhouse.jp/

アメリカのステーキを堪能しよう!

肉18
Shutterbug75

アメリカ人が日本でステーキを頼むと、ステーキの薄さにびっくりするそうです。本場アメリカのステーキは、分厚くお肉本来の旨みをしっかり感じることができます。

本場の分厚いステーキを日本で食べる機会はあまりありませんが、アメリカ旅行へ行く場合は今回ご紹介したおすすめのステーキハウスで、ぜひ本場の美味しいステーキを堪能してください。

関連記事

ホースシューベンドに広がる奇跡の絶景!楽しみ方や行き方を紹介

アメリカ

ホースシューベンドに広がる奇跡の絶景!楽しみ方や行き方を紹介

アメリカのアリゾナ州にあるホースシューベンドは、驚くほど湾曲したコロラド川の様子を見ることができる絶景スポット。最近は、SNSでもその絶景が注目され、たくさんの人が写真映えを求めて訪れる有名な場所です。ここでは、ホースシューベンド魅力をたっぷりとご紹介します。

テニアン島はサイパンから日帰りで行ける!行き方やおすすめスポットを紹介

アメリカ

テニアン島はサイパンから日帰りで行ける!行き方やおすすめスポットを紹介

テニアン島はサイパンから日帰りで行ける島です。この記事では、日本からサイパンを経由したテニアン島への行き方や、テニアン島のおすすめスポットを紹介しました。テニアン島で味わうことができるグルメについても紹介したので、ぜひチェックしてください。

ミニッツメイドパークはアストロズの球場!タルの丘・アクセスも紹介

アメリカ

ミニッツメイドパークはアストロズの球場!タルの丘・アクセスも紹介

ミニッツメイドパークはアストロズの球場です。この記事では、ミニッツメイドパーク近隣にあるおすすめ観光スポットやグルメ、タルの丘についても記述しています。その他に、野球観戦だけではなくアメリカ屈指の美術館やヒューストン宇宙センターなど見どころがたくさんあります。

アメリカ東海岸でおすすめの観光スポット21選!都市別におすすめを紹介!

アメリカ

アメリカ東海岸でおすすめの観光スポット21選!都市別におすすめを紹介!

アメリカ東海岸には、おすすめの人気観光スポットがたくさんあります。アメリカ東海岸で人気の観光には、どんな都市や旅行スポットがあるのでしょうか?この記事では、アメリカ東海岸で人気の観光スポットを、都市別にご紹介したいと思います。

アメリカでおすすめのカジノができる場所10選!カジノの種類やルールも紹介!

アメリカ

アメリカでおすすめのカジノができる場所10選!カジノの種類やルールも紹介!

アメリカには、カジノができるたくさんの施設が存在するため、日々世界中からたくさんの方が訪れています。今回は、そんなアメリカについてまとめました。おすすめのカジノスポットやカジノをしたことがない方向けの情報も解説していますので、興味のある方は是非ご覧ください。

アメリカのケーキがカラフルな理由は?おすすめのケーキ屋さんや通販サイトも!

アメリカ

アメリカのケーキがカラフルな理由は?おすすめのケーキ屋さんや通販サイトも!

アメリカではカラフルでかわいいケーキが大人気!アメリカのケーキは色、デザイン、サイズとも日本では考えられないような規格外のものがたくさん売られています。甘くておいしい、そしてフォトジェニックなアメリカのケーキの秘密、人気のおすすめ店などをご紹介します。

アメリカの気候や天気の特徴は?8つの区分で地域ごとに詳しく解説!

アメリカ

アメリカの気候や天気の特徴は?8つの区分で地域ごとに詳しく解説!

広大なアメリカ合衆国の気候は、大きく8つの気候区分に分かれています。この記事では、各区分の特徴と該当する州や都市を紹介し、天気や気温について詳しく解説しています。アメリカを旅行する予定のある方はぜひ参考になさってください。

アメリカ旅行に必要な持ち物をチェック!便利なものや禁止されているものは?

アメリカ

アメリカ旅行に必要な持ち物をチェック!便利なものや禁止されているものは?

旅行に行くときに気になるのが、旅行に持っていく持ち物でしょう。国内旅行なら現地調達も簡単ですが、アメリカ旅行になると持ち物はしっかりチェックしたいです。今回はアメリカ旅行に必要な持ち物や便利な物・禁止されているものをまとめてチェックしてみましょう。

アメリカで観光におすすめの国立公園20選!お得な年間パスやキャンプも!

アメリカ

アメリカで観光におすすめの国立公園20選!お得な年間パスやキャンプも!

アメリカには、観光におすすめの国立公園がたくさんあります。アメリカの国立公園で観光を楽しむには、お得な年間パスやキャンプもあるのでしょうか?この記事では、アメリカで観光におすすめの国立公園を厳選してご紹介したいと思います。

【アメリカ】カリフォルニアでおすすめの観光スポット14選!治安情報も!

アメリカ

【アメリカ】カリフォルニアでおすすめの観光スポット14選!治安情報も!

カリフォルニアは気候も良く広いアメリカの中でも人気のある観光地です。アメリカのカリフォルニアは大自然が多く、絶景を楽しる観光名所などの見どころやおすすめの観光地がたくさんあります。カリフォルニア旅行で絶対外せない定番の観光地やおすすめの観光地などを紹介します。

アメリカの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード