北朝鮮のおすすめ料理!美味しいと話題の名物や食文化を紹介

お気に入りに追加

北朝鮮のおすすめ料理って何だと思いますか?正式な国交がない北朝鮮は、いろいろな意味で不思議の国。料理にしても、ピンとくる人は少ないかもしれません。でも、北朝鮮にも、おすすめ料理がちゃんとあります。謎に包まれた隣国北朝鮮の、名物料理や食文化についてご紹介します。

北朝鮮のおすすめ料理!美味しいと話題の名物や食文化を紹介

目次

  1. 北朝鮮のおすすめ料理を紹介!
  2. 北朝鮮のおすすめ料理5選!
  3. 北朝鮮を日本で味わえるお店はある?
  4. 北朝鮮料理と韓国料理の違いは?
  5. 北朝鮮料理の主食は?
  6. 北朝鮮のおすすめ料理を食べてみよう

北朝鮮のおすすめ料理を紹介!

北朝鮮
Roman Harak

近くて遠い国、北朝鮮。国そのものについても、文化や人々の生活、料理についても、知らないことが多すぎます。ありとあらゆる国の料理が食べられるほど、食に対してはオープンな日本でも、北朝鮮の料理を食べたことがあるという人は、少ないかもしれません。でも、本当にそうでしょうか。

日本には、北朝鮮にルーツを持つ人もたくさん暮らしていますし、何より北朝鮮は一番のご近所さん。実は、日本には北朝鮮の料理が数多く伝えられています。

謎のベールに包まれた隣国北朝鮮の名物料理やおすすめ料理をご紹介します。それなら知っている、食べたことがあると思い当たる料理が、きっとあります。

北朝鮮のおすすめ料理5選!

北朝鮮
(stephan)

内情が詳しく知らされないため、イメージでしか語られることがない北朝鮮。豪勢な晩さん会様子が報じられることはあっても、庶民の料理や、街中の人気料理が、外国に知らされることはありません。

そんなことから、「北朝鮮の」、といわれると、ちょっと身構えてしまうかもしれませんが、その食文化が広く知られている韓国とは陸続き、美食大国中国とも国境を接する北朝鮮は、地理的には日本にごくごく近い国です。

日本、韓国、中国とまったく異なった、突拍子もない食文化を持っているわけではありません。聞いてみれば、食べてみれば、なじみのある味であることも珍しくありません。まずは、日本人の口にも合いやすい、北朝鮮の名物料理、おすすめ料理を5品ご紹介します。

北朝鮮の名物「平壌冷麺」

冷麺
Carl Mikoy

北朝鮮の名物料理といえば、冷麺。夏の韓国料理の代表のように言われますが、発祥は北朝鮮で、韓国に北朝鮮から冷麺が伝わったのは、朝鮮戦争の時代です。

日本でも、「盛岡冷麺」や「別府冷麺」など、各地で名物冷麺が人気ですが、いずれも北朝鮮から、または北朝鮮から韓国を経て日本に渡ってきた冷麺を、日本人好みにアレンジしたものです。

冷麺には、スープタイプと混ぜそばタイプの2種類がありますが、北朝鮮の名物料理としてとくに有名なのは、スープタイプの「平壌冷麺(ひょんやんれいめん)」です。

冷麺
uritours

「平壌冷麺」は、黒っぽくてこしのあるもっちりとした麺を冷水でしめ、大根のキムチや茹で卵、下味をつけた肉、梨などをのせ、牛骨からとった透明な、冷たいスープをかけます。

北朝鮮の平壌市内には、外国からの要人もやって来るという、有名な冷麺専門店「玉流館」があり、人気を博しています。

餃子のような料理「マンドゥ」

マンドゥ
anokarina

北朝鮮の名物料理、次のおすすめは、「マンドゥ」です。「マンドゥ」とは、簡単にいうと餃子のことで、漢字で「饅頭」と書きます。北朝鮮は、米作に不向きなうえ中国からも近く、餃子文化が発達しています。中国では珍しい焼き餃子も、屋台で売られています。

三日月型の餃子の端を折り込み、円形にした「マンドゥ」を具にした鍋料理「マンドゥジョンゴル」は、心も体も温まるおすすめ料理です。

意外に食べやすい「あひるの焼肉」

焼肉
anokarina

続いてご紹介する北朝鮮の名物料理は「焼肉」です。焼肉なんて珍しくもなんともないと思うかもしれませんが、北朝鮮の名物焼肉は、豚肉でも牛肉でもなく、「あひる肉」です。むしろ、北朝鮮で焼肉といったら、「あひるの肉」がスタンダードです。

日本人にはなじみが薄いですが、臭みもなく、こくがあって柔らかく、鶏肉より美味しいという人もいるくらい、人気の食材です。鴨肉が好きな人なら、きっと気に入るはずです。

べやすいキムチ「平壌式キムチ」

キムチ
niceness

韓国料理につきもののキムチは、北朝鮮でも市民のソウルフード。3食毎食キムチを食べるのが当たり前のお国柄です。しかし、ひとくちにキムチといっても、国によって味や好みが違うのは当然で、北朝鮮のキムチは韓国のキムチより辛口です。

とはいっても、下を刺すような凶暴な辛さではなく、人割と甘みも広がる奥深い辛みで、日本人の口に合うことは請け合い。白いご飯が進みます。

また、キムチといえば、白菜や大根が一般的ですが、北朝鮮ではキャベツやキュウリを使うことも多く、陶器の甕に大量に作り、土に埋めて保存して、一年中食べます。この北朝鮮のキムチ作りは、ユネスコの無形文化遺産に登録されています。まさに、世界が認めた北朝鮮の名物料理です。

スープごはんに近い「ケソン・クッパ」

クッパ
Kent Wang

「クッパ」とは、日本風にいうと「汁かけ飯」。「クク」はスープ、「バフ」がごはんを意味しています。「ケソン・クッパ」は、38度線にほど近い開城市名物の汁かけ飯。高麗時代に都があった開城は、洗練された先進都市で、「ケソン・クッパ」は、滋味あふれる上品で優しい味です。

北朝鮮を日本で味わえるお店はある?

北朝鮮
(stephan)

大々的に「北朝鮮料理の店」と、看板を掲げているところはありませんが、北朝鮮の料理が食べられるお店は、少なくありません。北朝鮮料理専門店というより、焼肉店、韓国料理店として営業しているところが多いようです。

東京にも、北朝鮮料理が食べられるお店があります。一番の有名店は、外国人にも人気の、日本屈指の観光スポット「浅草」にほど近い場所にあります。

サンムーン 浅草橋店

焼肉
jetalone

浅草は、知る人ぞ知る焼肉料理店の激戦区。たくさんの人気焼肉料理店が工夫を凝らしてしのぎを削っていますが、中でもガッツリ系の焼肉と、本場北朝鮮の「平壌冷麺」で人気のお店が「サンムーン」です。

太陽と月をイラスト化したポップな看板からは、普段多くの人が思い描いている「北朝鮮」は、微塵も感じられません。店内は、一見では焼肉料理店とは気づかないくらい明るく清潔で、おしゃれなカフェのようです。

北朝鮮料理が食べられるからといって、「北朝鮮料理のお店」と、あえて身構える必要はどこにもありません。値段も料理のクオリティに比べると格段にリーズナブル。普通に、いえ普通以上に美味しいおすすめの焼肉料理店です。

住所

東京都台東区柳橋1丁目12-8

電話番号

03-5822-5516

業時間・定休日

ランチタイム11:30~14:30(L.O.14:00)

ディナータイム17:00~23:30(L.O.23:00)

平均予算

ランチ1500円

ディナー4000円~5000円

アクセス

JR総武線「浅草橋」駅東、都営地下鉄「浅草橋」駅A3出口から隅田川方向へ徒歩1分

JR総武線沿い

駐車場の有無

なし(近隣のコインパーキングを利用)

公式URL

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131103/13126689/

北朝鮮料理と韓国料理の違いは?

違い
RobinHiggins

国境の38度線を境に、朝鮮半島の北と南に位置する北朝鮮と韓国。正常国交こそありませんが、文化や食習慣、風習などはやはり似通っています。

北朝鮮料理と韓国料理には、食材など小さな違いはありますが、際立った違いはありません。平均的に、北朝鮮料理のほうが味が優しく、辛さが控えめです。

そのほかには、北朝鮮は、緯度が高いので農作物が育ちにくく、諸外国との貿易も限られるため、韓国ほど食材に恵まれていないのが特徴といえば特徴です。

北朝鮮料理の主食は?

食べ物
SteFou!

北朝鮮は緯度が高いため、米が育ちにくく、多くの国民にとって主食は小麦やそば粉です。冷麺もそうした環境がもとになって誕生した北朝鮮名物料理です。

米を食べる習慣はありますが、米を主食にする国民は多くはありません。国境近くではまだ米食も見られますが、北へ行くほど米食文化は薄くなります。この点も、韓国料理との相違点といえます。

かつては、トウモロコシを細かく砕いた「トウモロコシ飯」が庶民の主食であった時代もあったようですが、近年は食生活は改善されているようです。

北朝鮮のおすすめ料理を食べてみよう

冷麺
yoshimov

国交がないとはいえ、北朝鮮と日本との関係は深く、食材もたくさん入ってきています。食文化も似ている点が多いので、北朝鮮料理が、日本人の口に合わないわけがありません。韓国料理ほど辛くないので、むしろ韓国料理より北朝鮮料理のほうが日本人には合うのかもしれません。

韓国料理同様、北朝鮮料理が広まれば、日本でもきっと人気を博すはずです。もっとどんどん北朝鮮の名物料理を食べてみましょう。新しい食の世界が広がるかもしれません。

関連記事

北朝鮮の治安は?観光旅行の際の治安情報や行き方などを紹介

北朝鮮

北朝鮮の治安は?観光旅行の際の治安情報や行き方などを紹介

数ある海外の旅行地の中でも、北朝鮮は謎が多く興味をひかれる人が多い国です。それでも、治安についても十分な事前情報が無いこともあり、実際に訪れるにはハードルが高いですよね。そこで今回は、謎多き国北朝鮮の治安情報から、数少ない行き方までご紹介していきます。

関連するキーワード

北朝鮮の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード