サンドバー(ハワイ)の行き方!天国の海と呼ばれる絶景も紹介

お気に入りに追加

サンドバーはハワイにある絶景スポットです。この記事では、サンドバーへの行き方やツアーについて詳しく説明していきます。天国の海と呼ばれるサンドバーに行く時の持ち物やより美しいサンドバーを見るための条件についても詳しく紹介しました。

サンドバー(ハワイ)の行き方!天国の海と呼ばれる絶景も紹介

目次

  1. ハワイのサンドバーはどんな場所?
  2. ハワイのサンドバーへの行き方!
  3. ハワイのサンドバーへはツアーでしか行けないの?
  4. ハワイのサンドバーで楽しめること4選!
  5. ハワイのサンドバーに行くベストな時間帯は?
  6. ハワイのサンドバーを楽しむための準備!
  7. ハワイのサンドバーで守るべきルール
  8. ハワイのサンドバーで天国の海と呼ばれる絶景を楽しもう!

ハワイのサンドバーはどんな場所?

d

ハワイは絶景スポットが多くありますが、その中でも観光客に大人気なのがハワイのサンドバーです。この記事ではハワイのサンドバーの行き方やツアーなどについて、詳しく紹介していきます。

サンドバーがある場所

まず、ハワイのサンドバーがある場所ですが、サンドバーはハワイオアフ島の北東にあるカネオヘ湾沖にあります。

カネオヘ湾沖は、アメリカで最長・最大のサンゴ礁がある湾としても知られています。カネオヘ湾内はサンゴ礁によって外海から守られているので、波がとても穏やかで海水も澄んでいてとても綺麗です。

実は、ハワイのサンドバーはいつも見られるわけではありません。ハワイのサンドバーは、潮の満ち引きによって海の中に浮かんでイルカのように現れるため、絶景スポットとされているのです。

天国の海と呼ばれる絶景

ハワイのサンドバーは、天国の海と呼ばれる絶景スポットで、多くの観光客が訪れています。サンドバーはその美しさから数多くのCM撮影にも使用されてきていて、この絶景を一目見るためにハワイへ行くという方も多いです。

サンドバーは約1億年もの長い年月をかけて形成された、神秘の絶景です。サンドバーは砂の美しさ・海の美しさから天国の海と呼ばれていますが、真っ白なサンドバーはサンゴの細かい砂が堆積したものなのです。

上空からサンドバーを見ると、サンドバーの端から急に深い海となっているので、海の色が全然違っていることが分かります。

サンドバーはその美しさから、フラの女神・ラカが火の神であるペレにフラ(フラダンス)を捧げた神聖な場所だとハワイでは言い伝えられています。

日本人がフラダンスと呼ぶことの多いフラは本来、ハワイの伝説や古来の宗教が一体となった聖なる踊りなのです。

ネイティブハワイアンにとってフラは神に捧げるために踊る神聖な儀式で、サンドバーはフラの聖地ともされていて、ヒーリングスポットとも言われています。

フラは一時期、アメリカ人宣教師たちによって異教の舞踊として禁止されてしまった時代がありましたが、その間もネイティブハワイアンは、人目を避けることのできたサンドバーでフラを神に捧げていたという伝説も残っているのです。

そのため、フラの愛好家にとっては、サンドバーはとても神聖で特別な場所なのです。サンドバーの美しさに敬意を表すために、この辺りを公開する際には帽子を脱ぐ船員もいるほどの場所です。

ハワイのサンドバーへの行き方!

f

ここからは、ハワイのサンドバーへの行き方を詳しく説明していきます。サンドバーへの行き方がよく分からないという方は、ぜひチェックしてみてください。

【行き方①】ホノルルから車で40分

car

ハワイのサンドバーへの1つ目の行き方は、車です。ホノルルからサンドバーのあるカネオヘ湾まで、車で40分かかります。

ハワイではバスでの移動も便利ですが、サンドバーのあるカネオヘ湾までバスで行こうとするとかなり時間がかかってしまうので、あまりおすすめしません。レンタカーなどの車での行き方が、一番早くカネオヘ湾まで行けます。

【行き方②】カネオヘ湾から船で10分

b

そして、車でカネオヘ湾に着いたら、カネオヘ湾からは船に乗ることになります。カネオヘ湾からサンドバーまでへの行き方は、船になります。カネオヘ湾からサンドバーまで、船で10分で行けます。

カネオヘ湾からは、カヌーやボートをチャーターしてサンドバーへ向かってください。カネオヘ湾からサンドバーまで泳いでいけるのではないかと考える方もいるようですが、絶対に無理なのでやめてください。

ハワイのビーチサンダル!人気ブランド・おすすめのお土産も紹介

ハワイのサンドバーへはツアーでしか行けないの?

4

ハワイのサンドバーへはツアーでしか行けないわけではありません。先ほども伝えたように、サンドバー付近のカネオヘ湾まではホノルルからレンタカーなどの車で40分で行くことができます。

ただ、現在サンドバー自体が観光客に大人気のため、入場者数に制限がかかっています。そのため、ツアーに参加しないとカネオヘ湾までの船やカヌー・ボートに乗れないという可能性もあります。

さらに、サンドバーに個人で行こうとするよりも、ツアーに参加して行った方が時間の短縮になるだけでなくお金も安く済みます。こうした理由から、サンドバーには個人で行かずに、ツアーに参加して行くことをおすすめします。

ハワイのサンドバーで楽しめること4選!

d1

ここからは、ハワイのサンドバーで楽しめること4選を詳しく紹介していきます。

①船上での食事

ハワイのサンドバーへ行くツアーに参加すると、船上での食事を楽しむことができます。「船上で楽しむBBQハンバーガーランチ付きプラン」などがあるので、興味がある方は色々なツアーをチェックしてみてください。

②写真撮影

ハワイのサンドバーでは、もちろん写真撮影もすることができます。サンドバーへ行くツアーに参加すると、親切なスタッフが綺麗な写真を撮ってくれるので、とてもおすすめです。

③シュノーケリング

ハワイのサンドバーでは、シュノーケリングも楽しむことができます。サンドバーへ行くツアーでは、元々シュノーケリングをするということが予定に入っているツアーもあります。

そのため、ハワイのサンドバーでシュノーケリングを楽しみたい方は、シュノーケリングが元々予定に入っているツアーを予約するようにしましょう。

シュノーケリングに必要な器具、シュノーケル・マスク・フィンなども借りることができるので安心してください。

④ウミガメに会えるかも?

船やボート・カヌーでサンドバーへ向かう途中に、ウミガメに会えることもあります。ハワイではウミガメは「ホヌ」と呼ばれていて、「守り神」「幸運の象徴」とされていて、とてもありがたい生き物とされています。

運が良ければウミガメに出会うことができるので、ぜひ船の上からウミガメを探してみてください。

ハワイのサンドバーに行くベストな時間帯は?

01

ここからは、ハワイのサンドバーに行くベストな時間帯について説明していきます。ハワイのサンドバーに行く予定がある方は、ぜひチェックしてみてください。

時間よりも潮位が大切!

s1

美しいサンドバーを見るためには、時間よりも潮位が大切になってきます。干潮時の潮位が1フィート以下だと、まずまずの条件になります。

一番良い条件でサンドバーを見たいのであれば、新月や満月の日を狙って行くようにしましょう。水位がマイナスになることが大事になってきます。

干潮時の潮位も大事な条件ですが、干潮時刻の前後2時間以内にツアーでサンドバーに到着できると、より良い条件でサンドバーを見ることができます。

31

また、天候が晴れであること・水位がマイナス表示になっている日の午前中のツアーに参加することなども、美しいサンドバーを見ることができる条件になってきます。

おすすめは午前中の干潮の時にサンドバーを見に行くことですが、シュノーケリングなどを楽しみたいのであれば、午前中だと水が冷たく感じます。

そのため、サンドバーでシュノーケリングをメインに楽しみたいのであれば、午後の干潮の時間帯に行くようにしましょう。

ハワイのサンドバーを楽しむための準備!

091

ここからは、ハワイのサンドバーを楽しむための準備について詳しく説明していきます。

【準備①】前もってツアーの予約をしよう

0914

ハワイのサンドバーを楽しむためには、何よりもまずツアーの予約をすることが大事です。

先ほど説明したように、サンドバーを見るためのより良い条件は、干潮時の潮位が1フィート以下、新月や満月の日、干潮時刻の前後2時間以内にツアーでサンドバーに到着できることなどがあります。

ツアーの予約時には天候が晴れであることなどは分からないことが多いです。そのため、シュノーケリングをするか、船上で食事を楽しむのかどうかなどを決めてツアーに申し込むようにしましょう。

【準備②】必要な持ち物について

4

ハワイのサンドバーを楽しむための必要な持ち物は、水着・長袖パーカーなど羽織るもの・厚手のバスタオル・スプレータイプでない日焼け止め・リーフシューズ (マリンシューズ)・サングラスなどです。

パスポートは不要です。リーフシューズは、マリンスポーツなどで使用されている水中用の靴で、海の中を歩く時には貝殻や石などから足を守ってくれます。サンドバーを歩きたい方は、ぜひ持っていきましょう。

サンドバーへ行くツアーでは、日焼け止めのスプレータイプは使用が禁止されているので注意してください。これは、スプレータイプの日焼け止めが船上を滑りやすくしてしまうためです。

71

日焼け止めを忘れてしまった場合やスプレータイプの日焼け止めを持ってきてしまった場合は、船上でも販売していることがあるのでスタッフの方に聞いてみましょう。

日焼け止めだけでなくリーフシューズなども販売しているため、持ち物を忘れてしまったという時のために、現金やクレジットカードも持って行くと良いでしょう。

また、美しいサンドバーをバックに綺麗な写真をスタッフに撮ってもらいたい方は、防水保護のある携帯電話やカメラを持って行くようにしましょう。防水機能がついていないものでは撮ってもらうことはできないので注意してください。

ハワイのサンドバーで守るべきルール

416

ここからは、ハワイのサンドバーで守るべきルールについて説明します。ハワイのサンドバーには、絶対にゴミを残して帰らないようにしましょう。船の上からビニール袋などのゴミが風によって海に落ちてしまったりすることがあります。

それだけでなく、ハンカチ・ゴーグル・ビーチサンダルなどを船の上から海に落としてしまうということはあります。絶対に落とさないように最善の注意を払ってください。生態系に変化を及ぼしてしまう可能性もあります。

ビニール袋などを落としてしまったら、ウミガメなどの生物が飲み込んでしまって命を落としてしまう原因になってしまうこともあります。軽いものは風で海へと飛んで行ってしまう可能性があるので注意してください。

3

そして、美しいサンドバーの白い砂を持ち帰ったりしないということも、守るべきルールの1つです。サンドバーの白い砂はあまりにも美しいため、小さな小瓶に入れて持ち帰りたくなってしまうという人も多いです。

ただ、少しだけサンドバーの白い砂を持ち帰りたいという場合でも、それを観光客の全員がやってしまうとやはり生態系がおかしくなってしまいます。自然にあるものは自然の所有物で、そこを人が壊してはいけません。

絶対に白い砂を持ち帰らないようにしてください。

315

また、サンドバーに降り立った場合でも、必ず来た時と同じ状態にして帰るようにしてください。この記事の最初の方でも説明しましたが、サンドバーは神聖な場所です。

サンドバーで穴掘りをしたり、何かを埋めてしまったり、そのようなことは絶対にしないようにしましょう。とても小さなことに思えても、小さな変化はサンドバーの付近に生息している魚やウミガメに大きな影響を与えてしまうことがあります。

あなたがサンドバーに来たことで、サンドバーの生態系が崩れてしまうということが絶対にないように、細心の注意を払いながらサンドバーの絶景を楽しんでください。

ハワイのサンドバーで天国の海と呼ばれる絶景を楽しもう!

310

ハワイにあるサンドバーへの行き方や注意する点・持っていくものについて説明して来ましたが、いかがだったでしょうか。

ハワイのサンドバーでは、天国の海と呼ばれる絶景を楽しむことができます。ハワイのサンドバーへはツアーで行くことをおすすめします。

サンドバーのツアーでは船上で食事を楽しむことや、写真撮影・シュノーケリングを楽しむことができます。

01234

ツアーのスタッフさんに写真撮影をお願いする場合は、防水機能のついた携帯電話やカメラで写真をとってもらうようにしましょう。防水機能がついていない携帯電話やカメラでは写真を撮ってもらうことはできないので注意してください。

ハワイのサンドバーで守るべきルールは、ゴミなどを置いていかないこと・白い砂を持ち帰らないこと・来た時と同じ状態にして帰ること、があります。

また、サンドバーへ行くツアーでは、日焼け止めのスプレータイプは使用が禁止されているので注意してください。サンドバーは神聖な場所なので、サンドバーの生態系に変化を与えないように気をつけながらサンドバーの絶景を楽しんでください。

関連記事

ココヘッド(ハワイ)でトレイルに挑戦!行き方や所要時間についても紹介

ハワイ

ココヘッド(ハワイ)でトレイルに挑戦!行き方や所要時間についても紹介

ハワイでココヘッド・トレイルに挑戦してみませんか。ワイキキから車で30分程と近く、ココヘッドの難所を見事クリアし、登頂を達成すると、頂上には、360度に広がるオアフ島の絶景が待っています。絶景を眺めれば、疲れを癒し、良い思い出になること間違いなしです。

ラナイ島(ハワイ)を観光!おすすめのスポットや見どころを紹介

ハワイ

ラナイ島(ハワイ)を観光!おすすめのスポットや見どころを紹介

”ハワイ最後の楽園”ラナイ島。ここには私たちがまだ知らない自然と癒しが広がっています。この記事では、ラナイ島の観光スポットや世界最高級のホテルをご紹介します!かつてパイナップル産業で栄えた島が、今は手付かずの自然と美しいビーチが残るハワイ最後の秘境へ。

ハワイお土産の通販比較!おすすめサイト・通販の方が安いお得なものも紹介

ハワイ

ハワイお土産の通販比較!おすすめサイト・通販の方が安いお得なものも紹介

ハワイ旅行にいくなら現地でお土産をと考えるのが当然ですが、実はハワイのお土産は通販を利用すると安く購入できる場合があります。今回はハワイのお土産を購入できるおすすめの通販サイトと、通販サイトの比較、通販を利用するとお得に購入できる物をご紹介します。

ハワイの海は綺麗?オアフ島などの海水浴におすすめスポットも紹介

ハワイ

ハワイの海は綺麗?オアフ島などの海水浴におすすめスポットも紹介

ハワイは、世界屈指の綺麗な海を擁する観光地です。海水浴やダイビングなどのアクティビティにピッタリのビーチがたくさんあり、多くの海外旅行者で賑わっています。ハワイ観光時におすすめの海岸や、ハワイの海は汚いという噂についてまとめてみました。

ハワイでおすすめのガーリックシュリンプ人気店10選!食べ方やお土産も!

ハワイ

ハワイでおすすめのガーリックシュリンプ人気店10選!食べ方やお土産も!

ハワイ旅行のグルメで外せないのが「ガーリックシュリンプ」。ハワイのソウルフードとも呼ばれており、現地のヒトカラ観光客まで非常に多くのファンを持つ料理です。本記事では、そんなガーリックシュリンプが美味しいハワイのレストランや人気店を紹介します。

ハワイの10月の気候は?天気・気温・おすすめの服装や楽しみ方を紹介

ハワイ

ハワイの10月の気候は?天気・気温・おすすめの服装や楽しみ方を紹介

夏に両行で人気になるハワイですが、10月の人気イベントに訪れる人もいるはずです。今回は、10月のハワイの気温や天気をご紹介します。併せて1ハワイの10月にピッタリな服装もご紹介します。10月にハワイに行く際には、ぜひ参考にしてください。早速見てみましょう。

ハワイでおすすめのパンケーキのお店!人気店やインスタ映えのお店を紹介!

ハワイ

ハワイでおすすめのパンケーキのお店!人気店やインスタ映えのお店を紹介!

みんなの憧れの地、ハワイ!そしてハワイと言えば日本でも大流行したパンケーキです。この記事では、ハワイにたくさんあるパンケーキのお店の中でも人気店やインスタ映えのお店を紹介していきます。ハワイに行く前にぜひこの記事をチェックしてください!

ハワイでおすすめのサーフィンスポット8選!初心者向けツアーやレンタルも!

ハワイ

ハワイでおすすめのサーフィンスポット8選!初心者向けツアーやレンタルも!

美しい青い透き通った海で人気なハワイで、マリンスポーツを楽しむならば是非チャレンジしたいのがサーフィンです。日本ですでにサーフィンをしている上級者はもちろんのこと、サーフィン未経験の初心者でも楽しめるツアーやレンタルもハワイにはありますので、ご紹介します。

ハワイ・ノースショア(オアフ島)のおすすめスポット!グルメも紹介

ハワイ

ハワイ・ノースショア(オアフ島)のおすすめスポット!グルメも紹介

ハワイと言うと、まず最初に思い浮かぶのはワイキキビーチ周辺。でも、リピーターならもちろん、初めてのハワイの人でも一度、ノースショアに行ってみませんか?ビーチや空の美しさは、圧倒的です。ノースショアでしか出会えない景色やグルメをみつけに出かけましょう。

【ハワイ】ワイキキでおすすめの観光スポット!定番・ビーチ・ホテルを紹介

ハワイ

【ハワイ】ワイキキでおすすめの観光スポット!定番・ビーチ・ホテルを紹介

ハワイといえばワイキキが有名ですが、ワイキキの中にもおすすめの観光スポットがいくつかあるのです。ハワイに来ただけで夢気分になっているという人もいるでしょうが、おすすめのホテルやビーチでインスタ映えする写真を撮りながら、思いっきり楽しんでみませんか。

関連するキーワード

ハワイの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード