セーヌ川はフランス・パリの世界遺産!クルーズで観光スポットを巡ろう

お気に入りに追加

セーヌ川はフランス・パリの世界遺産です。この記事では、セーヌ川をクルーズで観光する方法や観光スポットについて紹介していきます。セーヌ川付近にある有名な世界遺産・美術館のアクセス方法についても紹介したので、ぜひチェックしてください。

セーヌ川はフランス・パリの世界遺産!クルーズで観光スポットを巡ろう

目次

  1. フランス・パリの世界遺産「セーヌ川」について紹介!
  2. セーヌ川を観光する2つの方法
  3. セーヌ川観光ができるクルーズ3社
  4. セーヌ川観光の見どころ
  5. セーヌ川観光で橋巡りは欠かせない!
  6. セーヌ川クルーズ以外のおすすめの楽しみ方
  7. セーヌ川を観光を満喫しよう!

フランス・パリの世界遺産「セーヌ川」について紹介!

s

フランス・パリを流れる世界遺産「セーヌ川」は、パリの中心を上下・北と南に分ける形に流れています。

セーヌ川は1991年には、イエナ橋からシェリー橋までの8kmほどの河岸が世界遺産として登録されました。

この記事では、花の都・パリを流れるセーヌ川について詳しく紹介していきます。

セーヌ川を観光する2つの方法

f

ここからは、セーヌ川を観光する2つの方法を紹介していきます。

好きなスポットに行ける水上バス「バトビュス」

s

セーヌ川を観光する1つ目の方法は、「バトビュス」です。バトビュス(BATOBUS)は小型水上バスで、面倒な予約・手続きは必要なく、思い立った時にすぐに乗ることができます。

バトビュス(BATOBUS)乗船スポットも9カ所あるのでとても使いやすく、使用している観光客は多いです。また、どの乗船スポット・停留所でもチケットが購入できるのでチケット購入の方法に戸惑うこともありません。

料金は一般であれば、一日券が17ユーロで、二日券が19ユーロとなっています。3歳から15歳までは一日券が8ユーロで二日券が10ユーロとなっています。ただ、メトロやバスのNavigoカードを持っているのであれば割引されます。

観光スポットを巡る「クルーズ」

65

セーヌ川を観光する2つ目の方法は、「クルーズ」です。観光スポットを巡るクルーズは、パリ観光の定番ともされています。

セーヌ川はパリの中心部を流れているということもあり、セーヌ川の川沿いにはルーヴル美術館・エッフェル塔・ノートルダム大聖堂・オルセー美術館といった誰もが一度は名前を聞いたことがある観光スポットがあります。

遊覧クルーズはであれば料金は14ユーロ前後で、時間は1時間ほどです。ランチクルーズは59ユーロからとなっています。ディナークルーズはとても人気なので、99ユーロ以上の料金がかかります。

セーヌ川観光ができるクルーズ3社

e1

ここからは、セーヌ川観光ができるクルーズ3社を紹介していきます。どのクルーズ船も、極端な悪天候になった場合やセーヌ川が増水してしまった場合は中止になることもあるので、注意してください。

バトー・パリジャン

452

バトー・パリジャンは、1階建てのクルーズ船でガラス張りとなっています。乗り場はイエナ橋のたもとからです。

バトー・パリジャンには、ランチクルーズやディナークルーズがあり、コース名はエトワール・デクヴェルト・プリビレージュ・プルミエの4種類あります。エトワールが一番安く、プリミエが一番高価なものとなっています。

バトー・ムーシュ

dt

バトー・ムッシュは、セーヌ川観光ができるクルーズの中で一番有名なクルーズ社になります。乗り場はアルマ橋のたもとからとなっています。

バトー・ムッシュのクルーズ船は2階建てで、2階はオープンエアとなっています。そのため、見晴らしがかなり良くとてもおすすめです。

バトー・ムッシュは、ランチクルーズやディナークルーズがあるので、興味がある方はそちらも利用してみると良いでしょう。

ヴデット・デュ・ポン・ヌフ

g

ヴデット・デュ・ポン・ヌフは、バトー・パリジャンやバトー・ムッシュと比較すると船は小さくなります。ただ、他の船よりも小さいということもあって、他の船よりも水面近くを走ります。

パリの景色を見るよりも水面や波を感じたいという方におすすめです。発着はポンヌフのたもとからで、所要時間は1時間ほどです。そのため、気軽に乗る観光客はかなり多いです。

ネット上には2ユーロ割引してもらえる割引券があるため、そちらを印刷して持っていくことをおすすめします。ヴデット・デュ・ポン・ヌフは予約をしてから乗ると5ユーロ割引してもらえるのでお得です。

セーヌ川観光の見どころ

t1

ここからは、セーヌ川観光の見どころについて紹介していきます。

パリの象徴「エッフェル塔」

d12

パリの象徴「エッフェル塔」は、1889年の万国博覧会に合わせて建設された塔です。エッフェル塔の名前は、塔の設計および建設者だったギュスターヴ・エッフェルに由来しています。

エッフェル塔までのアクセス方法は、シャン・ド・マルス・トゥール・エッフェル駅とビル・アケム駅が最寄駅となります。こちらの駅を出るとエッフェル塔が見えるので、見える方向に歩いていくとたどり着きます。

55

営業時間ですが、6月15日~9月1日までは9時〜24時まで、9月2日~6月14日までは9時30分~23時までとなっています。

最上階までのエレベーター利用は、大人が17ユーロ・12~24歳が14.5ユーロ・4~11歳が8ユーロ・4歳未満であれば無料となっています。

住所

Champ de Mars, 

5 Avenue Anatole France, 

75007 Paris, フランス

電話番号

+33 892-7012-39

営業時間・定休日

6/15~9/1 9:00~24:00

9/2~6/14 9:30~23:00

年中無休

料金

最上階までのエレベーター利用

大人 17ユーロ

12~24歳 14.5ユーロ

4~11歳 8ユーロ

4歳未満 無料

アクセス

【メトロ】

9号線Trocadéro(トロカデロ)駅

6号線Bir-Hakeim(ビラケム)駅

8号線École Militaire(エコール・ミリテール)駅

【RER】

C号線 Champs de Mars – 

Tour Eiffel(シャン・ド・マルス・

トゥール・エッフェル)駅

【バス】

  • 82番Tour Eiffel(トゥール・エイフェル) 
  • またはChamp de Mars (シャン・ド・マルス)
  • 42番Tour Eiffel(トゥール・エイフェル)下車
  • 87番Champ de Mars(シャン・ド・マルス)下車
  • 69番Champ de Mars(シャン・ド・マルス)下車

公式URL

https://www.toureiffel.paris/jp

ゴシック様式の大聖堂「ノートルダム大聖堂」

no

ゴシック様式の大聖堂「ノートルダム大聖堂」は、1991年に世界遺産として登録された建物です。

ノートルダム大聖堂は聖母マリアに捧げられ名付けられた教会堂です。「ノートルダム」 はフランス語で「私達の貴婦人」という意味で、こちらも聖母マリアを指しています。

残念ながら、ノートルダム大聖堂は2019年4月15日に大規模な火災があり、大きく破損してしまいました。そのため、現在はノートルダム大聖堂に入ることはできません。

住所

6 Parvis Notre-Dame - Pl. 

Jean-Paul II, 75004 Paris, 

フランス

電話番号

01-42-34-56-10

営業時間・定休日

  • 月〜金 8:00〜18:45
  • 土・日 8:00〜19:15
  •  【塔】
  • 4〜9月 10:00〜18:30 
  • (6〜8月の土日 10:00〜23:00)
  • 10〜3月 10:00〜17:30
  •  【地下聖堂】
  • 10:00〜18:00

  • 定休日は塔は1/1、5/1、12/25
  • 地下聖堂は月曜日・祝日

料金

  • 塔(屋上):10ユーロ
  • 地下聖堂:5ユーロ
  • 日本語オーディオガイド:5ユーロ

アクセス

【メトロ】

メトロ4号線シテ(Cité)駅

【RER】

RER A・B線 

サン・ミシェル=ノートルダム

(Saint Michel Notre-Dame )駅

公式URL

https://www.notredamedeparis.fr/

王宮として使われた「ルーヴル美術館」

et

王宮として使われた「ルーヴル美術館」は、美術品や収蔵品がとにかく多いことでも有名です。1日で回りきれないので、すべての作品を見るためには何日もかける必要があります。

ルーヴル美術館にアクセスする場合は、メトロのPalais-Royal Musée du Louvre( パレ・ロワイヤルーミュゼ・デュ・ルーヴル)駅から行くのが便利です。駅からルーヴル美術館まで直結しています。

料金はオンラインチケットが17ユーロで、美術館でチケットを購入した場合は15ユーロとなっています。ピラミッド中央出入口、またはポルト・デ・リオンから退館した場合に再入場はできないので注意してください。

住所

Rue de Rivoli, 

75001 Paris, フランス

電話番号

+33 1-40-20-50-50

営業時間・定休日

月・木・土・日:9:00〜18:00 

水・金:9:00〜21:45

休館日は毎週火曜日

1/1、5/1、12/25

料金

オンラインチケット:17ユーロ
待ち時間30分以内で入場できる

チケット(美術館にて購入する場合):15ユーロ

アクセス

【メトロ】

1番線または7番線

Palais-Royal Musée du Louvre

( パレ・ロワイヤルーミュゼ・

デュ・ルーヴル)駅

公式URL

https://www.louvre.fr/

フランス美術を堪能できる「オルセー美術館」

ore

フランス美術を堪能できる「オルセー美術館」は、印象派の画家の作品が多く収蔵されていることで有名な美術館です。

アクセスは、メトロの12号線Solférino(ソルフェリーノ)駅が最寄駅となっています。

料金は大人が14ユーロ、18歳未満が無料となっています。入館無料日もあり、毎月第1日曜日は無料でオルセー美術館に入ることができます。

住所

1 Rue de la Légion d'Honneur, 

75007 Paris, フランス

電話番号

+33 1-40-49-48-14

営業時間・定休日

9:30~18:00

木曜日:9:30~21:45

休館日は毎週月曜日、5/1、12/25

料金

大人:14ユーロ

18歳未満:無料

入館無料日:毎月第1日曜日

アクセス

【メトロ】

12号線

Solférino(ソルフェリーノ)駅

公式URL

https://www.musee-orsay.fr/

セーヌ川観光で橋巡りは欠かせない!

f

ここからは、セーヌ川観光する際には欠かせない橋巡りについて紹介していきます。

最も美しい橋と言われる「アレクサンドル3世橋」

54

「アレクサンドル3世橋」は、セーヌ川にかかる橋で最も美しい橋と言われています。

アレクサンドル3世橋は、フランス大統領サディ・カルノーとロシア皇帝アレクサンドル3世の間に結ばれた友好の証として、ニコライ2世によって1900年のパリ万国博覧会にあわせて建設され、パリに寄贈されたものです。

橋の入口には、金色の2頭のペガサスが装飾されています。四隅にある柱塔には、中世・ルネサンス・ルイ14世・近代の4つの彫刻があるので、そちらもチェックしてみてください。

カップルの愛の誓いに使われた「ポン・デ・ザール橋」

45

「ポン・デ・ザール橋」は、カップルの愛の誓いに使われた橋です。恋人がお互いの名前を書いた南京錠を橋の欄干・フェンスに取り付けて、その南京錠の鍵をセーヌ川へ投げ捨てることで永遠の愛が手に入れられると言われていたのです。

ただ、2014年6月にはポン・デ・ザール橋のフェンスが大量に取り付けられた南京錠の重みに耐えることができず、壊れてしまったというニュースが報道されています。

その後は、南京錠をかけるのを自粛する動きが広がっています。

映画の舞台にもなった「ポン・ヌフ橋」

f

「ポン・ヌフ橋」はレオス・カラックスの映画「ポンヌフの恋人」の舞台にもなった場所です。

パリに現存する最も古い橋と言われていて、白い石材が光り輝いているため、訪れる観光客は多いです。

シテ島への橋の真ん中には、ポンヌフ橋の建設を命じたアンリ4世の騎馬像が立っているので、こちらもチェックしてみてください。

セーヌ川クルーズ以外のおすすめの楽しみ方

se

セーヌ川クルーズ以外のおすすめの楽しみ方は、パリ・ブラージュです。パリ・ブラージュは、セーヌ川沿いに作られた人工のビーチのことを指します。

バカンスの時期には、貯水池を利用したプール・子供向けアスレチック・野外コンサート会場などが用意され、大人も子供も楽しむことができます。

ぜひ、パリ・ブラージュでパリのバカンスを満喫してください。

セーヌ川を観光を満喫しよう!

e

セーヌ川観光について詳しく紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ぜひ、世界遺産となっているセーヌ川観光を満喫してください。

関連記事

オペラガルニエ【パリ•オペラ座】見どころやチケットの購入方法を紹介

フランス全都市

オペラガルニエ【パリ•オペラ座】見どころやチケットの購入方法を紹介

パリの中心にあるオペラ座はオペラガルニエと呼ばれ有名な観光地となっています。そこで今回はそんなオペラガルニエについて詳しく調べてみました。見どころや見学の方法・チケットの買い方まで詳しくご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

サントシャペル(フランス)はパリ最古教会!見どころやチケットの買い方も

フランス全都市

サントシャペル(フランス)はパリ最古教会!見どころやチケットの買い方も

フランス、パリのサントシャペルは町で最古の由緒ある教会です。フランス王ゆかりの教会で、ステンドグラスと天井画に彩られた内部はまるで天国のような美しい世界。 サントシャペルの静かな祈りの空間で、荘厳な雰囲気に浸りましょう。

ノートルダム大聖堂のステンドグラスの魅力を紹介!バラ窓の現在も

フランス全都市

ノートルダム大聖堂のステンドグラスの魅力を紹介!バラ窓の現在も

ノートルダム大聖堂のステンドグラスはフランス観光には欠かせない一大傑作です。先日の火災を免れて、いまも健在しています。修復工事を経てかつてのようにノートルダム大聖堂のバラ窓などのステンドグラスを眺められる日がくることを世界中が待ち望んでいます。

フランス・マルセイユでおすすめの観光スポットや回り方を紹介

フランス全都市

フランス・マルセイユでおすすめの観光スポットや回り方を紹介

フランス南部、プロバンス地方最大の都市がマルセイユです。古くから栄えた港湾都市で、観光資源も豊富にあり、是非フランスに訪れたなら足を延ばしていただきたい南仏プロバンス地方のおすすめ都市です。ここではマルセイユのおすすめ観光スポットをご紹介します。

モンサンミシェルはフランス世界遺産の美しい修道院!歴史や観光情報を紹介

フランス全都市

モンサンミシェルはフランス世界遺産の美しい修道院!歴史や観光情報を紹介

たくさんの観光名所があるフランス。その中でも有名なのが、「モンサンミシェル」ですね。一生に一度は訪れたい世界遺産と言われています。これから、モンサンミシェルに行くときに役立つ情報を紹介します。ぜひ参考にしてくださいね!

ニース(フランス)のおすすめ観光スポット!人気のホテルやグルメなど

フランス全都市

ニース(フランス)のおすすめ観光スポット!人気のホテルやグルメなど

ニースは、フランスに位置している地域です。世界的に有名な観光地なので、たくさんの観光客の方が訪れています。今回は、そんなニースのおすすめ観光スポットについてまとめました。ニース観光に行きたいという方・おすすめの観光地が知りたいという方は、是非ご覧ください。

シャンゼリゼ通り(パリ)の観光スポット!人気店・おすすめカフェも紹介

フランス全都市

シャンゼリゼ通り(パリ)の観光スポット!人気店・おすすめカフェも紹介

フランスパリの人気スポット・シャンゼリゼ通りは、おしゃれで美しい街並みです。観光客も多く、フランスのパリへ行くなら必ずと言っていいほど足を運ぶでしょう。今回はそんなシャンゼリゼ通りの人気店やおすすめカフェをまとめてご紹介します。

エトワール凱旋門はフランス・パリを代表する観光名所!歴史や見どころを紹介

フランス全都市

エトワール凱旋門はフランス・パリを代表する観光名所!歴史や見どころを紹介

フランスのパリには歴史的建造物の観光スポットがたくさんあります。その中でもエッフェル塔と並んで世界的に有名なのがエトワール凱旋門です。パリを訪れたら必ず立ち寄りたいエトワール凱旋門について、歴史や見どころをいろいろまとめてみました。

オペラ座の魅力を紹介!フランス・パリの人気観光スポットで自由見学も

フランス全都市

オペラ座の魅力を紹介!フランス・パリの人気観光スポットで自由見学も

フランスのパリにあるオペラ座は、世界的人気を誇る歌劇場です。煌びやかな装飾品に彩られた館内を見学できる他、大スケールのバレエ・オペラ等の公演を鑑賞できます。オペラ座の見所やチケットの買い方、現地までの行き方などをまとめてみました。

アミアン大聖堂はフランスの世界遺産!魅力やアクセス方法を紹介

フランス全都市

アミアン大聖堂はフランスの世界遺産!魅力やアクセス方法を紹介

ゴシック最盛期最高峰の建築アミアン大聖堂は、フランスで高い人気を誇る世界遺産です。フランス最大の規模をもつだけでなく、大聖堂の内外を飾るおびただしい彫刻と繊細なステンドグラスは圧巻で、見ごたえたっぷりです。キリスト教美術の集大成、アミアン大聖堂をご紹介します。

フランス全都市の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード