モンサンミシェルはフランス世界遺産の美しい修道院!歴史や観光情報を紹介

お気に入りに追加

たくさんの観光名所があるフランス。その中でも有名なのが、「モンサンミシェル」ですね。一生に一度は訪れたい世界遺産と言われています。これから、モンサンミシェルに行くときに役立つ情報を紹介します。ぜひ参考にしてくださいね!

モンサンミシェルはフランス世界遺産の美しい修道院!歴史や観光情報を紹介

目次

  1. フランスの世界遺産「モンサンミシェル」について紹介!
  2. モンサンミシェルってどんな場所なの?
  3. モンサンミシェル観光の見所と楽しみ方
  4. モンサンミシェル観光でおすすめのグルメ・お土産
  5. モンサンミシェル観光におすすめのシーズン
  6. モンサンミシェル修道院の入場料やアクセス方法について
  7. モンサンミッシェルで素敵な思い出をつくろう!

フランスの世界遺産「モンサンミシェル」について紹介!

モンサンミシェル
Free-Photos

フランス・世界遺産の1つ、モンサンミシェル。これから、モンサンミシャルについての歴史や観光情報を紹介します。

モンサンミシェルが世界遺産に登録されたのは、1979年です。「フランス観光で、モンサンミシャルに行くから事前知識がほしい」という方は、ぜひ読んでくださいね。

事前に勉強することで、観光をより充実させることができます!

モンサンミシェルってどんな場所なの?

地図
Ghinzo

フランス北西部・ノルマンディー地方サン・マロ湾にある世界遺産・モンサンミシェル。「モンサンミシェル」を日本語に変えると、「聖ミカエルの山」という意味になります。

モンサンミシェルは修道院の名前だと思う人がいますが、実は修道院が建っている小さい島全体の事を「モンサンミシェル」と言います。

モンサンミシェル島内へ行くには、観光インフォメーションセンターがある陸地から3つの手段で行くことができます。サン・マロ湾の干満の差は激しく、潮の満ち引きの差はなんと15mです。

満潮の時は、陸地からの移動はできなくなります。

陸地からモンサンミシェルまでの行き方

行き方
Fotorech

それでは、陸地からモンサンミシェルまでの行き方を紹介します。

徒歩

ゆっくり景色を見ながら、モンサンミシェルまで行きたい方は「徒歩」でいきましょう!陸地には、観光インフォメーションセンターがあります。

観光インフォメーションセンターからモンサンミシェルまで行く場合、約35分かかります。1本道なので迷うことなく、のんびり行くことができます。

ゆっくり行きたい方におすすめの方法ですね。

無料公共バス

観光時間を長くしたい方は、「無料公共バス」で行きましょう!朝7:30-0:00まで、陸地からモンサンミシェルまで無料公共バスが運行しています。

バスで行く場合の所要時間は、約12分です。乗り場には、案内がないことがあります。

陸地にあるオシャレなスーパーマーケット「 Les Galeries Du Mont-Saint Michel」の前がバス乗り場です。ここで、バスが来るのを待ちましょう。

ここにはトイレもあるので、観光前にトイレに行くこともできます。バス乗り場で待ち、バスが来たらそのまま乗れば大丈夫です。

0:00まで運行しているので、夜のライトアップを近くで見ることができますね。

馬車

ゆっくり特別な空間を楽しみたい方は、「馬車」で行きましょう!乗り場は、陸地にある観光インフォメーションセンターの隣です。

分からない場合は、観光インフォメーションセンターのスタッフに聞いてくださいね。馬車を利用する場合は、片道約25分です。

非日常な体験ができますね。

馬車利用料金

6€(1人あたり)

モンサンミシェルの歴史

歴史
PublicDomainPictures

それでは、世界遺産・モンサンミシェルの歴史を見てみましょう。

708年 / 聖ミカエルのお告げ

アヴランシュの町の司教だったオベールの夢に、聖ミカエル

が登場。「あの岩山に聖堂を建てよ」と命じる。

なかなか建設をしないでいると、また同じ夢を見る。

3度目の夢の時に、怒った聖ミカエルがオベール司教の頭蓋

骨に指で穴をあける。

3度目の夢の後、実際に頭蓋骨に穴が開いていたことから夢

の存在を信じ、聖ミカエルのお告げ通り聖堂を建て始める。

最初の聖堂は、高さ80mほどの小さな聖堂。

13世紀 / 現在の姿になる

8世紀に小さい聖堂が出来た後、増改築を繰り返し13世紀に

現在の姿に。

14世紀 / 100年戦争勃発

14世紀、イギリスとフランスとで勃発した100年戦争。

モンサンミシェルは、城壁として使用。

そして、この時に有名なジャンヌ・ダルクが登場!

イギリス軍は、干満の差が激しい為近づくことができず、

フランス軍が勝利する。

14世紀~ / 有名な聖地になる

百年戦争で、勝利を収めてから有名な巡礼地として沢山の巡

礼者が聖地・モンサンミシェルへ巡礼を行う。

巡礼者の中には、潮にもまれて命を落とした者もいた。

18世紀 / 監獄へ

有名な巡礼地だった場所が、フランス革命後監獄へ変わる。

モンサンミシェルは、国が没収。修道士は、追い出されてし

まう。19世紀まで、監獄として利用。

20世紀 / 建築物の保護

フランスでは、「過去の建築物を保護しよう」という動きが

高まり、モンサンミシェルもその1つに。

モンサンミシェルの修復が始まり、13世紀の姿を取り戻す。

世界遺産・モンサンミシェルは、修道院・城壁・監獄として使用されていました。

キリスト教における大天使は、ミカエル・ガブリエル・ラファエルの3人。この3大天使は、聖書や外典に現れ、神の意志を人間に伝える役割をしています。

最後の審判の場面では、天秤を持って魂の重さをはかる天使として登場します。

モンサンミシェル観光の見所と楽しみ方

楽しい
Pexels

それでは、モンサンミシェルに行くときの見所と楽しみ方を紹介します。半日あれば、十分に観光できます!

世界遺産・モンサンミシェルで素敵な時間をすごしましょう。

モンサンミシェル修道院の見学する

回廊
joelsau

外観からも楽しめる修道院ですが、実際に内部の様子を見ながら当時の様子を思い浮かべましょう!モンサンミシェルの修道院の見学は、2時間あれば十分に観光できます。

モンサンミシェルに行くならば、修道院見学は必須です!

西のテラスやレ・ファニル通りからの絶景を楽しむ

カメラ
jarmoluk

まずは、モンサンミシェルの中でもおすすめのスポットを紹介します。ゆっくり絶景を楽しんだり、写真を撮ったりしながら素敵な時間を過ごしましょう!

西のテラス

モンサンミシェル修道院内部のおすすめの場所、「西のテラス」。ここから絶景を見ることができます。

修道院に入場してすぐ長い階段を登ります。そして、長い階段を登り切った場所が「西のテラス」です。

素晴らしい景色を眺めた後、見学へ進みましょう!

レ・ファニル通り

人が少ないのでゆっくり散策できる、「レ・ファニル通り」。ここからも絶景が楽しめます。

メイン通りの「グランド・リュ」に比べ、人が少ないのでゆっくり散策しながら絶景を楽しめます!

16世紀、城壁の守りを固める為に造られた「ガブリエル塔」が見えます。

季節や潮の満ち引きで変わる景色を楽しむ

モンサンミシェル
2990108

「モンサンミシェルが、海に囲まれた姿が見たい!」という方が多いと思います。年間で満潮になる日は、約15日です。

事前に、ホームページで確認していきましょう!フランス語の潮位表のみですが、赤くなっている部分が満潮の日にち・時間です!

モンサンミシェル / 潮位表確認

フランス語

翻訳

Date = 日付 

Basse mer = 干潮 

Pleine mer = 満潮 

Coef = 潮位 

Matin = 朝 

Soir = 夜 

グルメやショッピングを楽しむ

Le Mont-Saint-Michel
bortescristian

モンサンミシェルは、美味しいグルメや楽しいショップングも楽しめる場所です。少し疲れたら、カフェで休憩したりしながらゆっくり時間を過ごしましょう!

モンサンミシェルには修道院近くに、「グランド・リュ通り」があります。5分あれば歩ける小道ですが、お土産店やレストランが連なっている場所です!

モンサンミシェル観光でおすすめのグルメ・お土産

モンサンミシェル
veroyama

モンサンミシェルでおすすめのグルメやお土産について見ていきましょう。

モンサンミシェルの名物グルメ

オムレツ
stevepb

旅の楽しさの1つは、現地の名物グルメ食べることですね。モンサンミシェルの名物グルメは、ふわっふわの「オムレツ」です。

ボリュームがあるオムレツですが、軽い食感なのでペロっと食べることができます。このオムレツは、メール・プラールおばさんが巡礼者の為につくったのが始まりです。

お腹が空いている巡礼者の為に、簡単に手に入る卵をメレンゲ状に大きく膨らませ大きなオムレツをつくりました。メール・プラールおばさんのつくったオムレツが、モンサンミシェルで有名になり、名物グルメになりました。

食べた人によっては、「空気を食べているみたい」という方もいますが、巡礼者の気持ちを感じながら、食べてみてくださいね!

モンサンミシェルでおすすめのお土産

塩
maxknoxvill

旅行中に悩んでしますのが、お土産選びですね。「お土産選びで時間がかかり、観光の時間が無くなってしまった!」なんて人もいるかもしれません。

軽くて、ばらまきにもおすすめなのが「塩」です!もらった方も料理に使えるので喜ばれるお土産です。

モンサンミシェル周辺のグランド一帯で採れる無添加海水塩は、まろやかな味が特徴で現地の人も料理に使用します。塩は、お土産屋さんでも購入できますが、スーパーマーケットでも購入できます。

モンサンミシェル観光におすすめのシーズン

Le Mont-Saint-Michel
Kakha KOLKHI

「モンサンミシェルに行くけど、いつがいいかな?」と考えている方も多いのではないでしょうか。これから、おすすめのシーズンを紹介します。

天気や天候について

晴れ
Pexels

 「モンサンミシェル」に行くベストシーズンは、夏(6月-8月)です。日が長く、ゆっくり観光を楽しむことができます。

また、お土産店も開いているのでショッピングも楽しめます。冬だと、閉まっているお土産店も多いです。

おすすめの服装は?

服
Free-Photos

石畳が多く、階段もあるので必ず歩きやすい靴で行きましょう!夏に行く場合は、直射日光が日本より強い為、日差し対策グッズが必要です。(帽子、サングラス、日焼け止めクリーム、扇子など)

また、夏でも肌寒くなることもあるため羽織るものを必ず持ち歩きましょう!

モンサンミシェル修道院の入場料やアクセス方法について

Le Mont-Saint-Michel
camerashake

それでは、モンサンミシェル入場の時に役立つ情報を紹介します。

モンサンミシェル修道院の営業時間と入場料

Le Mont-Saint-Michel
bortescristian

モンサンミシェル修道院の見学時には、修道院入り口近くにあるチケットセンターにて日本語音声ガイドをレンタルすることができます!内部には説明が書いてありますが、日本語表記が無いため、詳しく知りたい方は、日本語音声ガイドを借りましょう!(4.5€ / 1つ)

見学の順番は、部屋に「→」が書いてあるので、その方向に進んでいきます。

モンサンミシェル修道院

基本情報

住所

50170 Mont Saint-Michel

営業時間

< 1/2-4/30 >   9:30-18:00

< 5/2-8/31 >   9:00-19:00

< 9/1-12/31 > 9:30-18:00

電話番号

+33 2 33 60 14 30

入場料

10€(1名あたり)

ホームページ

モンサンミシェル修道院 / ホームページ

事前に入場券を購入できる?

チケットセンターが混雑する場合があるので、事前にチケットを購入しておくことをおすすめします。日本語で購入できる「GET YOUR GUIDE」がおすすめです。

予約が完了すると、予約確認書がメールにて届きます。そして、修道院入り口にいる係員に予約確認書のQRコードをスキャンしてもらうだけで、入場できます!

モンサンミシェル修道院への行き方

行き方
langll

フランス国内を旅しながら、モンサンミシェル修道院へ行く方が多いのではないでしょうか。国内旅行の移動手段としておすすめは「FLIXBUS」です!

パリからモンサンミシェルに行く場合、直行バスがあるので乗り換えの心配もなく乗車できます。また料金も片道30€ほどなので格安で行くことができ、おすすめです。

移動時間は約5時間ですが、景色を見たり観光前にゆっくりできる時間をすごせますね。予約完了書にQRコードがあるので、それを見せれば乗車できます。

FLIXBUS / バスの乗車検索・予約

ツアーで行くのがおすすめ!

「個人で行くけど、行き方が不安」「説明を聞きながら行きたい」「世界遺産になっているし、詳しく知りたい」という方におすすめなのが、ツアーです!VELTRAでは、フランスの色々なツアーを開催しています。

英語が得意な方は、英語ガイドのツアーを選択しましょう。自分の理想のツアーに出会えるはずです。

ガイドの話が聞きながら、思う存分モンサンミシェルの観光を楽しみましょう!

VELTRA / フランス・モンサンミシェルのツアー検索

モンサンミッシェルで素敵な思い出をつくろう!

モンサンミシェル
Ella_87

世界遺産・モンサンミシェルについて紹介しました。モンサンミシェルでゆっくりしたい方は、陸地にあるホテルにて1泊しましょう!

1泊すると、観光客が少ない朝にのんびり散策したり、美しい夜のライトアップを楽しむことができますね。修道院・城壁・監獄の歴史があるモンサンミシェル修道院で、当時の様子を想像しながら見学したり、買い物を楽しんだり、グルメを楽しんだり、楽しいもこと尽くしです。

「一生に一度は訪れたい世界遺産・モンサンミシェル」で素敵な時間をすごしましょう!

関連記事

オペラガルニエ【パリ•オペラ座】見どころやチケットの購入方法を紹介

フランス全都市

オペラガルニエ【パリ•オペラ座】見どころやチケットの購入方法を紹介

パリの中心にあるオペラ座はオペラガルニエと呼ばれ有名な観光地となっています。そこで今回はそんなオペラガルニエについて詳しく調べてみました。見どころや見学の方法・チケットの買い方まで詳しくご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

サントシャペル(フランス)はパリ最古教会!見どころやチケットの買い方も

フランス全都市

サントシャペル(フランス)はパリ最古教会!見どころやチケットの買い方も

フランス、パリのサントシャペルは町で最古の由緒ある教会です。フランス王ゆかりの教会で、ステンドグラスと天井画に彩られた内部はまるで天国のような美しい世界。 サントシャペルの静かな祈りの空間で、荘厳な雰囲気に浸りましょう。

ノートルダム大聖堂のステンドグラスの魅力を紹介!バラ窓の現在も

フランス全都市

ノートルダム大聖堂のステンドグラスの魅力を紹介!バラ窓の現在も

ノートルダム大聖堂のステンドグラスはフランス観光には欠かせない一大傑作です。先日の火災を免れて、いまも健在しています。修復工事を経てかつてのようにノートルダム大聖堂のバラ窓などのステンドグラスを眺められる日がくることを世界中が待ち望んでいます。

フランス・マルセイユでおすすめの観光スポットや回り方を紹介

フランス全都市

フランス・マルセイユでおすすめの観光スポットや回り方を紹介

フランス南部、プロバンス地方最大の都市がマルセイユです。古くから栄えた港湾都市で、観光資源も豊富にあり、是非フランスに訪れたなら足を延ばしていただきたい南仏プロバンス地方のおすすめ都市です。ここではマルセイユのおすすめ観光スポットをご紹介します。

ニース(フランス)のおすすめ観光スポット!人気のホテルやグルメなど

フランス全都市

ニース(フランス)のおすすめ観光スポット!人気のホテルやグルメなど

ニースは、フランスに位置している地域です。世界的に有名な観光地なので、たくさんの観光客の方が訪れています。今回は、そんなニースのおすすめ観光スポットについてまとめました。ニース観光に行きたいという方・おすすめの観光地が知りたいという方は、是非ご覧ください。

シャンゼリゼ通り(パリ)の観光スポット!人気店・おすすめカフェも紹介

フランス全都市

シャンゼリゼ通り(パリ)の観光スポット!人気店・おすすめカフェも紹介

フランスパリの人気スポット・シャンゼリゼ通りは、おしゃれで美しい街並みです。観光客も多く、フランスのパリへ行くなら必ずと言っていいほど足を運ぶでしょう。今回はそんなシャンゼリゼ通りの人気店やおすすめカフェをまとめてご紹介します。

エトワール凱旋門はフランス・パリを代表する観光名所!歴史や見どころを紹介

フランス全都市

エトワール凱旋門はフランス・パリを代表する観光名所!歴史や見どころを紹介

フランスのパリには歴史的建造物の観光スポットがたくさんあります。その中でもエッフェル塔と並んで世界的に有名なのがエトワール凱旋門です。パリを訪れたら必ず立ち寄りたいエトワール凱旋門について、歴史や見どころをいろいろまとめてみました。

オペラ座の魅力を紹介!フランス・パリの人気観光スポットで自由見学も

フランス全都市

オペラ座の魅力を紹介!フランス・パリの人気観光スポットで自由見学も

フランスのパリにあるオペラ座は、世界的人気を誇る歌劇場です。煌びやかな装飾品に彩られた館内を見学できる他、大スケールのバレエ・オペラ等の公演を鑑賞できます。オペラ座の見所やチケットの買い方、現地までの行き方などをまとめてみました。

アミアン大聖堂はフランスの世界遺産!魅力やアクセス方法を紹介

フランス全都市

アミアン大聖堂はフランスの世界遺産!魅力やアクセス方法を紹介

ゴシック最盛期最高峰の建築アミアン大聖堂は、フランスで高い人気を誇る世界遺産です。フランス最大の規模をもつだけでなく、大聖堂の内外を飾るおびただしい彫刻と繊細なステンドグラスは圧巻で、見ごたえたっぷりです。キリスト教美術の集大成、アミアン大聖堂をご紹介します。

シャルティエはパリの大衆食堂!おすすめのメニューや行き方を紹介

フランス全都市

シャルティエはパリの大衆食堂!おすすめのメニューや行き方を紹介

シャルティエはパリの大衆食堂です。この記事では、シャルティエのおすすめのメニューや定番メニューについて紹介しました。シャルティエの行き方・アクセス方法についても紹介したので、シャルティエに行く前にぜひチェックしてください。

フランス全都市の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード