ブルノはチェコ第二の観光都市!おすすめ観光スポットを紹介

お気に入りに追加

長い歴史を持つ中央ヨーロッパの国、チェコ共和国。首都プラハが、観光スポットとしても有名ですが、チェコ第二の都市であるブルノにも、素敵な観光スポットがたくさんあります。まだあまり知られていないチェコ、ブルノの、とっておきのおすすめ観光スポットをご紹介します。

ブルノはチェコ第二の観光都市!おすすめ観光スポットを紹介

目次

  1. ブルノはチェコの隠れ観光スポット
  2. ブルノのおすすめ観光スポット《建造物編》
  3. ブルノのおすすめ観光スポット《グルメ編》
  4. ブルノの気候
  5. ブルノの治安
  6. ブルノには歴史的建造物がたくさん!

ブルノはチェコの隠れ観光スポット

ドイツ、オーストリア、スロバキア、ポーランドに囲まれたチェコ共和国。チェコ共和国は、ボヘミア、モラヴィア、シレジアの3地方で構成されていますが、ブルノは、かつて「琥珀の道」が通り、交易の中心であったモラヴィア地方の最大の都市で、首都プラハに次ぐ、チェコ第二の都市でもあります。

チェコ観光というと、どうしても有名なプラハに目が向きがちですが、独特の文化や方言を持つブルノは、プラハとはまた違った趣のある、おすすめの観光スポットです。そこで、知る人ぞ知る、ブルノの魅力を大公開。ブルノという都市をまったく知らなった人でも、きっとブルノを訪れてみたくなるはずです。

ブルノのおすすめ観光スポット《建造物編》

ブルノはチェコの首都プラハより、オーストリアの首都ウィーンに近い場所にあります。ブルノが位置するモラヴィア地方には、チェコがかつて「チェコスロバキア」であった時代の面影残り、建造物や音楽性には、ハンガリーの影響も見受けられます。

そんなブルノには、さまざまな国の文化の影響を受けた、歴史的に価値のある建造物が数多く残されています。中でも、ここにご紹介する6つの場所は、ブルノ観光の目玉ともいえるとっておきです。ブルノに行ったならぜひ見ておきたい、おすすめのスポットを大公開します。

1.ブルノ最大の観光スポット「聖ヤコブ教会」

おすすめのブルノ観光スポット1つ目は、「聖ヤコブ教会(St. James’ Church)」です。ブルノの旧市街地、自由広場からほど近い場所にある13世紀に建てられた教会で、隣には、2001年に発見された、ヨーロッパで第二の規模を誇る納骨堂への入り口があります。

地下に広がる納骨堂は、2009年から公開されており、約5万人分の骨がぎっしりと壁を埋め尽くす光景は、圧巻。不思議と不気味さはなく、壮麗で厳粛な美しさを醸しています。

住所

Jakubské nám., 658 78 Brno-střed, Czech Republic

電話番号

+420 515 919 793

営業時間・定休日

9:30~18:00

月曜休館

料金

見学自由

アクセス

「ブルノ(BRNO)」駅から徒歩約11分

公式URL

 https://ticbrno.cz/podzemi/kostnice-u-sv-jakuba

2.ユニークな建物「旧市庁舎」

おすすめのブルノ観光スポット2つ目は、聖ペテロ聖パウロ教会の近くにある、「旧市庁舎 (Old Town Hall)」です。ブルノの観光案内所も兼ねているので、ブルノ観光の際にはまず第一に訪れたいスポットです。

見どころは、旧市庁舎の正面の壁に飾られたゴシック様式のオブジェ。5つある塔のうち、真ん中の一つの先端が、ぐにゃりと歪んでいます。建築家アントン・ピルグラムの遊び心とも、不十分な報酬への抗議だとも伝えられています。

旧市庁舎の見どころはまだあります。中に入ると天井からは「ブルノドラゴン」と呼ばれるワニのオブジェがぶら下がり、横の壁には巨大な車輪が飾られ、何ともシュールな光景。市庁舎の塔には、食べ物持参で上ることができ、ブルノの街を見下ろしながらランチを楽しむ地元のカップルも多いです。

住所

Radnická 8, 658 78 Brno

電話番号

+420 542 427 150

営業時間・定休日

金土日10:00~18:00(季節により異なる)

月曜~木曜定休

冬期休業あり

料金

見学無料

塔CZK60

アクセス

「ブルノ(BRNO)」駅から徒歩約10分

公式URL

http://ticbrno.cz/en/old-town-hall

3.ペドロフの丘にある「聖パウロ大聖堂」

おすすめのブルノ観光スポット3つ目は、「聖パウロ大聖堂」こと、「聖ペテロ聖パウロ大聖堂(Katedrala sv. Petra a Pavla)」です。チェコの通過10コルナコインにも描かれたこの大聖堂は、ブルノのシンボル的な建物。

街を見下ろすペドロフの丘にあり、塔からはブルノの街並みを一望することができます。

ロマネスク様式とゴシック様式、ネオゴシック様式が混在する外観は長い歴史を感じさせ、バロック様式の内部には、目を見張るほど美しいステンドグラスがあり、訪れる人を魅了します。

住所

Petrov 9, 602 00 Brno 2

電話番号

+420-543-235-031

営業時間・定休日

平日8:15~

日曜7:00~

料金

見学自由

鐘楼CZK40

アクセス

「ブルノ(BRNO)」駅から徒歩約8分

公式URL

http://www.gotobrno.cz/en/cathedral-of-st-peter-and-paul

4.現地民憩いの場「自由広場」

おすすめのブルノ観光スポット4つ目は、「自由広場(Náměstí Svobody)」です。トラムが行き交うこの広場は、週末ともなるとたくさんの屋台が建ち並び、お祭りのようになる、ブルノ市民の憩いと交流の場です。

広名のほぼ中央には、黒い花崗岩で作られた弾丸型の時計塔があり、午前11時に鳴り響く聖ペテロ聖パウロ大聖堂の鐘に合わせてガラス玉が投げ落とされます。このガラス球を拾うと幸運に恵まれると信じられており、毎日11時前になると、大勢の地元民や観光客が時計塔を取り囲んでいます。

この広場には他にもペスト慰霊塔や噴水、「ブルノのキリン」と呼ばれる足の長い馬に乗った騎士のオブジェなどがあり、見どころが満載です。

住所

Náměstí Svobody, Brno

電話番号

営業時間・定休日

料金

アクセス

「ブルノ(BRNO)」駅から徒歩約13分

公式URL

http://mojebrno.jecool.net/

inka--brno-namesti-namesti-svobody.html

5.歴史が知れる「モラヴィア博物館」

博物館
PublicCo

おすすめのブルノ観光スポット5つ目は、幅広い分野に渡る、600万点以上もの膨大なコレクションを誇る「モラヴィア博物館」です。ブルノゆかりの音楽家レオシュ・ヤナーチェクの仕事部屋は一番の見どころです。

住所

Zelný trh 6, 659 37, Brno

電話番号

+420 533 435 220

営業時間・定休日

火    9:00~15:00

水~金  9:00~17:00

土・日  13:00~18:00

月曜休館

料金

CZK50~

アクセス

「ブルノ(BRNO)」駅から徒歩約10分

公式URL

http://www.mzm.cz/

6.刑務所だった?「シュピルベルク城」

おすすめのブルノ観光スポット6つ目は、チェコ文化遺産にも指定されている「シュピルベルク城(Hrad Špilberk)」です。市内を見渡せる小高い丘の上に立っています。

17世紀以降監獄として使用された「シュピルベルク城」には、「カゼマッテン(Kasematten)」と呼ばれる装甲室があり、重罪犯のほか、政治犯も収容され、残酷な拷問も行われました。

ヨーロッパの暗い歴史を今に伝える「シュピルベルク城」ですが、周囲を濃い緑に囲まれ、散歩やランニングにと、市民が余暇を楽しむ格好の場所にもなっています。

住所

Špilberk 210/1, 662 24 Brno

電話番号

+420 542 123 611

営業時間・定休日

 9:00~17:00

月曜定休

料金

CZK280

アクセス

ブルノ市街地から徒歩約15分

公式URL

http://www.spilberk.cz/ja/

ブルノのおすすめ観光スポット《グルメ編》

食事
RitaE

グルメは旅行の醍醐味の一つです。歴史や文化、風景を満喫した後は、地元で美味しいものを味わいましょう。チェコのグルメと聞いてもピンと来ないかもしれませんが、ブルノはなかなかの美食の街。素朴で美味しいブルノグルメが堪能できるおすすめスポットをご紹介します。

青空の下開かれる「青果市場」

市
tookapic

ブルノには大きな広場が2つあり、その一つが観光名所にもなっている「自由広場」です。そして、もう一つの広場が、ブルノ市民の生活には欠かすことができない「青果市場(Zelny trh)」。

「青果市場」は、別名「キャベツ市場」とも呼ばれ、日曜日以外の毎日青空市が開かれ、新鮮な野菜や果物、地元の食材を求めて多くの人で賑わっています。

住所

Zelny trh, 602 00 Brno-stred-Brno-mesto

電話番号

営業時間・定休日

平日6:00~18:00

土6:00~14:00

日曜定休(11月12月は休場)

料金

アクセス

「ブルノ(BRNO)」駅から徒歩約5分

公式URL

ワインが美味しい「RETRO CONSISTORIUM」

ワイン
PhotoMIX-Company

「RETRO CONSISTORIUM」は、ブルノでは指折りのイタリアンレストランです。ビールの消費量が世界一のチェコですが、ワインのレベルもなかなかのもの。中でも「RETRO CONSISTORIUM」は、料理に合わせた安くて美味しいワインが豊富と、地元の人にも大人気のレストランです。

料理の味はもちろん、店の雰囲気も良く、サービスもスマートで、旅の一夜を彩るには最高のグルメスポットです。

住所

Mečová 356, 602 00 Brno-střed, 

電話番号

+420 543 210 175

営業時間・定休日

月~木11:00~24:00

金・土11:00~2:00

日曜定休

料金

CZK600~

アクセス

テキスト

公式URL

http://www.retroconsistorium.cz/?utm_source=

tripadvisor&utm_medium=referral

ブルノの行き方

列車
tejvanphotos

チェコの隠れ家的観光都市ブルノ。見どころも満載でぜひ行ってみたいと思った人も多いのではないでしょうか。ブルノへは、チェコの首都プラハから列車や長距離バス行ってもいいですし、オーストリアの首都ウィーンからも列車で1時間半くらいで着きます。

オーストリアとチェコは、シェンゲン協定で結ばれているので、パスポートコントロールもなくスムーズに入国できます。

ブルノの気候

気候
fotoblend

ブルノは中央ヨーロッパの都市。海がなく、日本とは気象条件がちょっと違うかもしれません。基本的には、ブルノと日本では、季節が冬へ1か月ずれていると考えるとわかりやすいようです。

そうはいっても、ブルノの冬は、最低気温が20℃を指すこともあり日本で言えば北海道並みの厳しさです。都会の冬を想定していては、とても太刀打ちできません。そのぶん夏は、30℃くらいまで気温が上がっても、カラッと乾燥しているので過ごしやすいです。

観光のベストシーズン

気候
jeri leandera

ブルノ観光に最も適した季節を一言でいうのは難しいです。モラヴィア地方は、春になると大草原に緑が芽吹き、「緑の絨毯」が広がります。海がないブルノでは、夏の海水浴は楽しめませんが、「精霊が棲む」といわれる「マチャコ渓谷」など、涼やかな行楽地もたくさんあります。

自然に恵まれたブルノは、秋の紅葉も美しく、クリスマスシーズンには、自由広場を始めあちらこちらでクリスマスマーケットが開催され、これも観光の目玉になっています。

極寒の1月、2月以外なら、いつ行ってもそれぞれのブルノの素晴らしさを堪能できるのではないでしょうか。

ブルノの治安

警察
me5otron

プラハほど人が多くないブルノは、基本的にはのんびりとした地方都市です。治安はそれほど悪くありません。観光スポットではスリや置き引きといった被害もありますが、それは世界中どこでも同じことです。

女性が深夜一人で出歩いて全く問題がないとは言えませんが、常識的な防犯意識があれば、被害にあうことは少ないはずです。

ブルノには歴史的建造物がたくさん!

首都プラハに隠れてあまり知られていませんが、ブルノには歴史的に重要な建造物やユニークなオブジェがまだまだたくさんあります。自然も多く美しいブルノ。チェコ観光の折には、ぜひブルノも訪れてみてください。

関連記事

カレル橋(プラハ)の見どころ!聖人像・夜景・プラハ城についても紹介

チェコ全都市

カレル橋(プラハ)の見どころ!聖人像・夜景・プラハ城についても紹介

カレル橋はチェコ・プラハを代表する観光地で、毎日多くの観光客が訪れます。歴史の深い美しい橋で、ヨーロッパらしさに触れられます。次回の旅行で行きたくなるようなカレル橋の魅力と、カレル橋と一緒に訪問すべきプラハ城についてもご紹介します。

チェコ全都市の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード