大間マグロはうまい!おすすめの丼や旬の時期・青森の市場のお店も紹介

お気に入りに追加

日本人の国民食ともいえるマグロですが、その中でも大間マグロといえば有名ブランドとして知られています。大間マグロは一般的なまぐろよりも味が良く、多くの人から愛されているまぐろです。大間マグロが食べらるお店を地元青森だけでなく、東京のお店も紹介していきます。

大間マグロはうまい!おすすめの丼や旬の時期・青森の市場のお店も紹介

目次

  1. 大間マグロのおすすめの丼や旬の時期・お店を紹介!
  2. 大間マグロのおすすめの旬の時期
  3. 大間マグロのおすすめの丼を紹介!
  4. 大間マグロが食べれるおすすめのお店
  5. 地元大間町で大間マグロを食べてみよう

大間マグロのおすすめの丼や旬の時期・お店を紹介!

まぐろ
Kanesue

大間マグロは地元青森県だけでなく、東京にも食べることができるお店が多数あります。輸送技術の発達により東京でも新鮮な大間マグロを食べることができるため、東京に居ながらにして美味しい大間マグロが食べられるのです。

地元青森では大間マグロのお店が多数あり、東京で食べるよりも比較的値段が安くさらに美味しいお店も多いです。さらに地元青森で大間マグロを食べることで、時期によっては獲れたての大間マグロをたべることもできます。

大間マグロの旬の時期やおすすめの丼、さらには新鮮で美味しい大間マグロを食べることができる、地元青森と東京のおすすめのお店を紹介するので参考にしてください。

大間マグロとは?

漁港
Mark thanks for 2,000,000+ views

大間マグロとは、一般的に青森県大間町の大間沖で漁獲されたマグロのことを言います。マグロの中でも天然のクロマグロで、さらには30キログラム以上のマグロが大間マグロと呼ばれているのです。

大間マグロはマグロの中でも評価が高く、料理人を始め多くの人から支持を集めています。さらに大間マグロはマグロの中でも値段が高く、毎年初セリの時期では高額な取引が行われていることも有名です。

大間マグロの漁獲方法

漁
2493™

大間マグロの漁獲方法は、「一本釣り漁法」と呼ばれる方法で漁獲されています。 マグロ漁で一般的な「曳き縄釣り」と呼ばれる漁法よりも、マグロを傷つけることなく漁獲することができるのです。

「一本釣り漁法」はその名の通りマグロを一本一本釣る方法で、餌に喰い付いたマグロを巻き上げ機などを使い引き揚げます。マグロの進路を考えながらの漁になるので、経験が必要となるのもポイントです。

基本的にマグロを一本釣り上げたら港まで帰港して、その最中に血抜きから内臓の処理と氷詰めまでを行うため、鮮度を落とすことなく市場まで届けられます。

大間マグロのサイズと水揚げ量

水揚げ
frogr014

漁獲される大間マグロの平均サイズは100キロ前後となっており、他の種類のマグロと比べてもサイズは大きくなっています。

大間マグロの水揚げ量は、2018年7月から2019年3月までの漁獲時期では 重さ30キロ以上の大型の水揚げ量は144.8トンです。大間の漁獲時期での漁獲枠が203トンなのですが、その漁獲枠よりもかなり少ない水揚げ量となります。

世界的にクロマグロが減少傾向にあるということもあり、大間マグロも漁獲時期では不漁傾向にあるとされているのです。

大間マグロの値段

値段
mikecohen1872

大間マグロは初セリの時期などで1億円を超える落札額が恒例になるなど、かなり高価なイメージがあります。2019年の初セリでは、1キロ120万円という超高額で落札され話題になりました。

しかし初セリの時期での価格はいわゆるご祝儀相場で、一般的な相場ではありません。大間マグロは高価だとしても、毎回それほど高い値段だと流通することがなくなってしまいます。

築地で取引されている大間マグロは時期にもよりますが1キロ2000円程度のものが多く、高いものだと1キロ1万円のものもあります。普段大間マグロは、初セリの時期の金額よりもかなり安い金額で取引されているのです。

大間マグロのおすすめの旬の時期

まぐろ
merec0

大間マグロは水温が低くなってきた秋から冬にかけてが旬の時期となっています。大間マグロの漁は7月下旬から1月ごろまでなのですが、秋から冬にかけてのマグロの方が脂がのっていておいしいのです。

おいしい大間マグロを食べたいと思ったら、秋から冬の時期にかけての方が脂がのっていておいしい大間マグロを食べることができるのでおすすめです。

大間マグロのおすすめの丼を紹介!

丼
iyoupapa

大間マグロの味を、思う存分贅沢に味わいたいならば丼です。熱々のご飯の上にたっぷりとのった大間マグロを食べれば、誰もが幸せな気分になることができます。

地元大間でしか味わうことができない、獲れたて新鮮な大間マグロの丼を食べることができるおすすめのお店を紹介します。

海峡荘の「マグロだけ丼」

本州最北端の民宿としても知られている海峡荘では、地元でしか味わうことができない新鮮な大間マグロがたっぷりのった「マグロだけ丼」が有名です。

「マグロだけ丼」は、大間マグロの赤身やトロなど様々な味を楽しむことができます。新鮮な大間マグロを使用しているのでマグロの臭みが全くなく、マグロ本来の味を堪能することができるのでおすすめです。

住所

青森県下北郡大間町大字大間字大間平17-734

電話番号

0175-37-3691

営業時間・定休日

[3月~10月]営業
[11月~4月中旬]休業 

平均予算

ランチ:2000円~2999円

ディナー:2000円~2999円

アクセス

JR(下北駅)よりバスで1時間40分

青森インタ―・青森空港・三沢空港いずれからも車で約3時間30分 

駐車場の有無

公式URL

http://www.oma123.sakura.ne.jp/ 

まぐろ長宝丸の「まぐろづくし丼」

まぐろ長宝丸の「まぐろづくし丼」は、大間マグロの赤身・中とろ・大トロが一度に味わえる丼となっています。

丼からこぼれ落ちそうなくらいに贅沢にのせられた大間マグロは、赤身や中トロと大トロがあるので味に飽きることなく、思う存分大間マグロを食べることができるおすすめの丼です。

住所

青森県下北郡大間町大字大間字奥戸下道22-6 

電話番号

0175-37-5268

営業時間・定休日

営業時間:11:00~14:30

定休日:不定休

平均予算

ランチ:3000円~3999円

アクセス

大間フェリーターミナルから徒歩約7分

駐車場の有無

公式URL

http://chohomaru.com/ 

魚喰いの大間んぞくの「3色マグロ丼」

この投稿をInstagramで見る

本州最北端の地、日本一と呼び声高いブランドマグロ『大間マグロ』が水揚げされる町、青森県の大間町。 こちらは大間町にあるマグロ漁師が直営する食事処で、極上の「大間マグロ」をはじめとした、様々な大間産の地魚が楽しめるお店。 . メニューはマグロを使った海鮮丼や定食はもちろん、肝焼きや胃袋の酢みそ和えなど珍しい部位の一品料理があるのも特徴的。 ちなみに生マグロは7月中旬〜1月末までとなるそうです。 今回はお盆の時期なので生マグロでした。 . 今回は1番人気という大トロ、中トロ、赤身が乗った『3色マグロ丼』を注文! マグロ系の一品料理も食べたかったので、肝焼きを注文しましたが、この日は無かったので胃袋の酢みそ和えを注文しました。 . 【3色マグロ丼】3400円(税込) 大トロは2枚、中トロ、赤身は4枚乗っていました。 ご飯はぬるめの白ご飯で、小鉢や漬物、味噌汁も付いてきました。 . 赤身はしっとりと柔らかく、さっぱりしつつもマグロの力強い味わいがあって美味しいです。 普段大トロは脂が多過ぎてそこまで好きでは無く、中トロくらいの脂感が好みですが、こちらの中トロはそんなに脂はのっておらず、むしろ大トロが丁度良い脂具合。 とろける舌触りと共に、濃厚な旨味が染み出します。 . 時期的な問題もあるのかもしれません。 大間マグロは秋から冬にかけて水温が低くなった頃に上質な脂が乗るそうです。 馬鹿舌なので大間のマグロだから格段に美味しいといった違いはわからないものの、とても美味しいマグロ丼なのは確かです。 . 【マグロ胃袋酢みそ和え】380円(税込) 結構弾力ありそうに見えたのですが、意外にも柔らかくて驚きました。 コクのある味わいで、さっぱりの酢みそが相性抜群。 これも美味しかったです。 . 今回は函館にフェリーで渡るために大間を訪れたのですが、青森港からも出ているのに、わざわざ大間から渡るのはマグロを食べたかったためです。 ご馳走様でした! . #青森県 #大間 #大間崎 #大間町 #青森 #魚喰いの大間んぞく #朝食 #大間マグロ #マグロ #マグロ丼 #海鮮丼 #トロ #海鮮 #青森グルメ #グルメ #食べ歩き #全国食べ歩き #日本全国 #japan #gourmet #japanesefood #food #delicious #japanese #foodstagram #aomori #seafood #tuna #morning

めんま(@menma825)がシェアした投稿 -

大間マグロの地元ならではのマグロ料理が食べられる魚喰いの大間んぞくのおすすめは、赤身や中トロと大トロがたっぷりとのせられた「3色マグロ丼」です。

高価な大間マグロの赤身や中トロだけでなく大トロまで食べることができるので、地元で新鮮な大間マグロを食べたいと思ったら魚喰いの大間んぞくの「3色マグロ丼」を食べてみましょう。

住所

青森県下北郡大間町大間大間平17-377

電話番号

0175-37-5633

営業時間・定休日

営業時間: 8:00~18:00 

定休日:不定休

平均予算

ランチ:3000円~3999円

ディナー:3000円~3999円

アクセス

下北駅から車で一時間

バスで大間崎下車、徒歩1分

駐車場の有無

公式URL

http://oomanzoku.com/ 

【市場】青森魚菜センター本店の「のっけ丼」

青森魚菜センター本店は「のっけ丼」が有名で、ご飯の上に自分の好きな食材をのっけることができます。

5枚もしくは10枚の券を交換して、自分の好きな食材と券を引き替えてご飯の上にのせていきます。もちろん大間マグロものせることができるので、大間マグロをメインに自分の好きな食材をのせるのがおすすめです。

住所

青森県青森市古川1-11-16

電話番号

017-763-0085

営業時間・定休日

営業時間:7:00~16:00(のっけ丼の営業時間)

定休日:火曜日(行楽シーズンは営業あり)

    年末年始、不定休

平均予算

ランチ:1000円~1999円

ディナー:1000円~1999円

アクセス

JR奥羽本線青森駅から徒歩7分

駐車場の有無

公式URL

https://nokkedon.jp/ 

大間マグロが食べれるおすすめのお店

まぐろ
ayustety

大間マグロを食べることができるお店は多いのですが、どのお店で大間マグロを提供しているのかわからないこともあります。

地元大間町はもちろんのこと、東京でも大間マグロを食べることができるお店を紹介していきます。

大間町

田舎
goto_

大間マグロの地元である大間町では、大間マグロを食べることができるお店はとても多いです。

その中でも特におすすめしたい、人気の大間マグロを食べることができるお店を紹介します。

老舗の人気店「浜寿司」

地元大間町の老舗人気寿司店である「浜寿司」では、厳選した100キロ越級の大間マグロを厳選して使用するなど、素材にこだわりをもっているお店です。

長年多くの人から愛されている人気店ということもあり、味の方はとても美味しく大間マグロを思う存分食べることができます。

事前に予約は必要となりますが、大間マグロを贅沢に使用したマグロコースもあります。マグロコースは大間マグロを使用したお寿司をはじめ、様々な料理を食べることができるのでおすすめです。

住所

青森県下北郡大間町大字大間字大間69-3

電話番号

0175-37-2739

営業時間・定休日

営業時間:11:00~21:30 (GWは10:30~営業)

定休日:不定休

平均予算

ランチ:5000円~5999円

ディナー:5000円~5999円

アクセス

むつ市からバスで約100分

青森市から車で約3時間 

駐車場の有無

公式URL

http://oma-hamazushi.com/ 

青森の魚介が贅沢に味わえる「海遊亭」

大間マグロを始め青森の魚介を贅沢に味わうことができる「海遊亭」は、鮮度が良く味が抜群に美味しいのが魅力のお店です。

店内には大きな水槽があり、素材の鮮度管理にこだわりを感じることができます。もちろん大間マグロも地元ならではの鮮度の良いので、大間マグロを中心に青森の魚介を思う存分堪能することをおすすめします。

住所

青森県下北郡大間町大字大間字奥戸下道1-2

電話番号

0175-37-3393

営業時間・定休日

営業時間: 17:00〜23:00 

定休日:不定休

平均予算

ディナー:4000円~4999円

アクセス

バス停「上町」から徒歩1分

駐車場の有無

公式URL

https://tabelog.com/aomori/A0204/A020403/2000205/  

東京

東京
nappa

大間マグロは地元大間町だけでなく、東京でも新鮮な大間マグロを食べることができるお店が多数あります。

その中でも特におすすめしたい東京で大間マグロを食べることができるお店を3店紹介します。

予約困難のお寿司店「初音鮨」

東京の蒲田にある創業125年の老舗である「初音鮨」は、10年連続でミシュランの2つ星を獲得するなど東京でも屈指のお店となっています。

人気店ということで予約困難なのですが、大間マグロを中心に厳選した素材や職人の技が光る「初音鮨」は一度は訪れたいお店です。

住所

東京都大田区西蒲田5-20-2

電話番号

03-3731-2403

営業時間・定休日

営業日:月・火・金・土

営業時間:15時~、17時~、19時~の3部制

平均予算

ランチ:50000円~59999円

ディナー:50000円~59999円

アクセス

JR蒲田駅西口徒歩5分 

駐車場の有無

公式URL

https://www.hatsunezushi.com/ 

ミシュランの三ツ星店「鮨 さいとう」

「鮨 さいとう」はなんと10年連続でミシュランの三ツ星を獲得しているお店で、すべてにおいて最高のクオリティを誇る超有名店です。

その中でも大間マグロは素材の良さはもちろんのこと、職人の仕事が加わることでより美味しくなります。寿司店の中の最高峰と言っても良いお店で、一度は訪れることをおすすめしたいお店でもあります。

住所

東京都港区六本木1-4-5アークヒルズサウスタワー1F

電話番号

03-3589-4412

営業時間・定休日

営業時間:12:00~14:00 17:00~23:00 

定休日:日・祝日(連休にならない祝日は除く)

平均予算

ランチ:10000円~14999円

ディナー:20000円~29999円

アクセス

溜池山王駅徒歩5分
虎ノ門駅徒歩8分 

駐車場の有無

公式URL

https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13015251/ 

青森の創作料理が堪能できる「Bois Vert(ボワ ヴェール)」

この投稿をInstagramで見る

濃厚煮干しクリームのカルボナーラ。 青森の食材を使った欧風料理ということだが、まさに、という感じ。 他メニューの、とろろとつゆのペペロンチーノも、味噌カレー牛肉バタースパゲッティも気になる…! #新橋 #新橋グルメ #新橋ランチ #虎ノ門 #虎ノ門グルメ #虎ノ門ランチ #東京 #ランチ #東京グルメ #東京ランチ #boisvert #濃厚ごく煮干しクリームカルボナーラ #濃厚ごく煮干し #煮干し #クリームカルボナーラ #カルボナーラ #パスタ #青森 #フレンチ #イタリアン #french #italian #carbonara #pasta #japanese

新橋・虎ノ門ランチマニア(@shinbashi_toranomon_lunch)がシェアした投稿 -

厳選した青森の素材を使った創作料理を食べることができる「Bois Vert」は、青森の鮮魚だけでなく肉や野菜まで堪能することができます。

本格的なイタリアンの味わいを感じつつ、シェフならではの味付けと組み合わせの創作料理なので、このお店でしか食べることができない料理の数々を食べられます。

住所

東京都港区西新橋1-13-4TSビルB1F

電話番号

050-5869-3618

営業時間・定休日

営業時間:12:00〜13:30 18:00~23:00  

定休日:日・祝日、年末年始(12/30~1/5)    

平均予算

ランチ:1000円~1999円

ディナー:4000円~4999円

アクセス

東京メトロ銀座線虎ノ門駅徒歩7分
都営三田線内幸町駅徒歩3分
JR新橋駅徒歩7分 

駐車場の有無

公式URL

https://www.bois-vert.jp/ 

地元大間町で大間マグロを食べてみよう

まぐろ
Kanesue

大間マグロは東京でも食べることができますが、地元大間町で食べる大間マグロは新鮮で東京で食べるよりも一味違います。

マグロ好きの人はもちろんのこと地元で食べる大間マグロはとても美味しいので、ぜひ一度大間町で大間マグロを食べてみてはいかがでしょうか。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

青森の味噌カレー牛乳ラーメンの店!お土産におすすめのカップ麺も紹介

青森県

青森の味噌カレー牛乳ラーメンの店!お土産におすすめのカップ麺も紹介

青森のB級グルメの中には、「味噌カレー牛乳ラーメン」というものがあります。はじめて青森に足を向ける人や、「味噌カレー牛乳ラーメン」の名前を聞く人もいることでしょう。今回は、青森でおすすめのグルメ「味噌カレー牛乳ラーメン」に焦点をあててご紹介します。

青森お土産人気ランキング!名物お菓子のおすすめやりんごの銘菓も紹介

青森県

青森お土産人気ランキング!名物お菓子のおすすめやりんごの銘菓も紹介

青森は本州の最北端にある県で、白神山地や奥入瀬渓流・八甲田山など観光名所がたくさんあります。りんごの産地としても有名で、りんごを使った銘菓やお土産物がいろいろと販売されています。この記事では、青森旅行のお土産として人気の名物お菓子やりんごの銘菓をご紹介します。

青森の心霊スポットランキング!恐山など行ってはいけない危険スポットも紹介

青森県

青森の心霊スポットランキング!恐山など行ってはいけない危険スポットも紹介

青森は東北の最北端にあり、ねぶた祭や大間のマグロが有名な都市です。このような明るいイメージとは真逆の心霊スポットが青森には多くあるのをご存じでしょうか。青森で有名な心霊スポットランキングをご紹介するので、行く前に危険なスポットなどチェックしてみましょう。

猿ヶ森砂丘(青森)日本一広い砂丘!鳥取砂丘よりも広い面積の砂丘を紹介

青森県

猿ヶ森砂丘(青森)日本一広い砂丘!鳥取砂丘よりも広い面積の砂丘を紹介

青森にある猿ヶ森砂丘は、日本一広い砂丘です。この記事では、鳥取砂丘よりも広い面積の砂丘・猿ヶ森砂丘について詳しく紹介しました。また、猿ヶ森砂丘に住んでいる珍しい生き物や、猿ヶ森砂丘周辺の観光スポットについても紹介しています。

白神山地のおすすめ観光スポット!青森の世界自然遺産を堪能しよう

青森県

白神山地のおすすめ観光スポット!青森の世界自然遺産を堪能しよう

白神山地は青森の世界自然遺産になっている場所です。この記事では、白神山地のおすすめ観光スポットを紹介しました。それぞれの観光スポットの見どころや注意点・ベストシーズンなども詳しく紹介したので、ぜひ白神山地に行く前にチェックしてください。

青森弁(青森の方言)の種類!南部弁と津軽弁の訛りやあいさつについて紹介

青森県

青森弁(青森の方言)の種類!南部弁と津軽弁の訛りやあいさつについて紹介

本州の最北端にある青森県。そんな青森県には「津軽弁」と「南部弁」という2つの方言が存在します。青森弁とはこの2つの方言を合わせたもの。青森弁の特徴は、同一県内の方言でありながら、まったく違う側面を持っていること。そんな青森の方言に憑いてまとめてみました。

青森県の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード