ボノボンはアルゼンチンのチョコレート!種類・値段・まずい噂も紹介

お気に入りに追加

ボノボンは、海外から輸入販売されている一口サイズのチョコレート菓子です。おいしい上に値段が安く、箱買いする方もいるほど大人気です。ボノボンの種類やカロリー、おすすめの販売店や過去に販売中止になった理由などを紹介していきます。

ボノボンはアルゼンチンのチョコレート!種類・値段・まずい噂も紹介

目次

  1. アルゼンチンのチョコレート「ボノボン」について紹介!
  2. ボノボンの種類
  3. ボノボンの値段
  4. ボノボンの味は?美味しい?まずい?
  5. ボノボンが買える場所
  6. 過去にボノボンは販売中止・回収になった?
  7. ボノボンのチョコレートを食べよう

アルゼンチンのチョコレート「ボノボン」について紹介!

アルゼンチン産のチョコレート菓子・ボノボンとは
出典: www.youtube.com

コンビニ等のお店のレジ前に置いてある「ボノボン(bon o bon)」チョコレートを見て、どこのメーカーのチョコか気になった経験のある方もいるのではないでしょうか?

ボノボンは、南米のアルゼンチンで製造されている一口チョコレートです。イタリア系移民によって設立されたアルゼンチンの企業「ARCOR」が開発し、1984年に商品化されました。

南米産の廉価な素材を用いて作られており、非常に値段が安いのが特徴的。一つあたり20~30円程度で購入できるため、中南米だけでなく北米・ヨーロッパ・アジアと世界中の子供たちの間で人気があります。

アルゼンチン産のチョコレート菓子・ボノボンとは
Aih.

ちなみに「ボノボン(bon o bon)」という名称は、欧州の高級チョコレート・ボンボン(bonbon)をモチーフにしています。

一部の富裕層でなければ食べられないチョコレート菓子をより多くの子供たちに食べてもらいたいという想いが、「ボノボン(bon o bon)」なるユニークなネーミングに繋がっています。

そこで今回は、アルゼンチン産の人気チョコ菓子・ボノボンの種類や値段、購入できる場所などをまとめました。安い・おいしい・食べやすいと三拍子揃ったボノボンの魅力をたっぷりご紹介しましょう!

ボノボンの種類

アルゼンチン産のチョコレート菓子・ボノボンの種類
dghchocolatier

ボノボンには値段が安いだけでなく、種類が多いという魅力もあります。一つずつバラ売りで店頭に置かれているので、様々な種類のフレーバーを購入してその時の気分に合わせて食べる楽しみ方も可能です。

ここでは、アルゼンチン産のチョコレート菓子・ボノボンのフレーバーの種類を見ていきましょう。

チョコクリーム

チョコクリーム味は、ボノボンで最も人気のある種類です。クリーム・ウエハース・チョコレートを重ねた3層構造で、口に入れると優しいミルクチョコクリームの味が広がります。

老若男女問わずどなたにでも喜ばれる定番のフレーバーであり、プレゼント用としてもおすすめです。

クリーミークリーム

クリーミークリーム味も、チョコクリーム味と並んで人気の高い種類です。ピーナッツ風味のクリーム・ウエハース・チョコレートを重ねた3層構造で、チョコクリーム味より甘さが際立っています。

値段の安いチョコ菓子ながら高級感があり、疲れた時に食べると体中に幸福感が染み渡ることでしょう。

ブラック

ブラック味は、甘さを控えた種類のボノボンです。カカオの風味が強調されていて、クリームの甘さが薄らいでいます。

カロリーも低めに設定されていて、チョコの食べ過ぎで太りたくない女性にもおすすめ。大人向けのフレーバーと言えるでしょう。

ミックス

ミックスは、クッキー&クリームとチョコクリームの2種類が組み合わさった特殊な種類のボノボンです。大玉の中で、濃厚なクリームとサクサククッキーの食感が実現しています。

文字通り、一粒で二度おいしい優れもの。貴重な種類なので店頭ではあまり見かけませんが、もし売られていたらぜひ購入しましょう。

抹茶

抹茶味は、チョコの中に抹茶のフレーバーを閉じ込めた種類のボノボンです。アルゼンチン産のボノボンの中で、日本製のフレーバーが採用されている唯一のタイプです。

緑色の抹茶には苦いイメージがありますが、ボノボンの抹茶味はほんのり甘くてほとんど苦味はありません。アルゼンチン産の濃いチョコ味が苦手な日本人でも気軽に食べられるメリットがあります。

ボノボンの値段

アルゼンチン産のチョコレート菓子・ボノボンの値段
j3ssl33

販売店によって多少の差はありますが、ボノボンの値段は一つあたり20~30円前後です。一つずつバラ売りしている場合もあれば、30個をワンセット(700~900円前後)でボックス販売している場合もあります。

基本的に、フレーバーの種類によって値段が大きく変わることはありません。自分の予算に合わせて購入するボノボンの味・数を選択すると良いでしょう。

ボノボンの味は?美味しい?まずい?

インターネット上でボノボンの評判・口コミを調べてみると、「ボノボンはまずい」といったネガティブな意見もSNSに投稿されていることが分かります。

すでに説明したように、ボノボンはアルゼンチン産のチョコ菓子です。日本の食品メーカーが作ったチョコレートに比べると味が濃く、中には口に合わない人もいるでしょう。

その分、ボノボンには複数のフレーバーが用意されています。甘味の強い種類、甘さ控えめの種類、和風テイストの種類、各ボノボンを試食して自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。値段が安いので、全種類購入しても金銭的負担は微々たるものです。

ボノボンのカロリーは?

アルゼンチン産のチョコレート菓子・ボノボンのカロリー
silviarita

糖分の多い食品を食べると太りやすいため、チョコレート菓子であるボノボンを意図的に避けているダイエッターもいることでしょう。

ボノボンの各フレーバーのカロリーを比較すると、以下の表のようになります。チョコレート菓子なので、やはりカロリーは比較的高めです。

しかし、一般的には一日当たり200kcal程度の間食なら健康に問題ありません。仕事目的でダイエットしている方でなければ、一日1~2個くらいボノボンを食べても神経質になる必要は無いと言えるでしょう。

チョコクリーム

88kcal

クリーミークリーム

87kcal

ブラック

82kcal

ミックス

88kcal

抹茶

84kcal

ボノボンが買える場所

アルゼンチン産のチョコレート菓子・ボノボンを買える場所
Dick Thomas Johnson

今やボノボンはアルゼンチンから世界中に輸出されている人気チョコ菓子であり、Amazonや楽天市場などの通販サイトでも注文可能です。

しかし、どうしても今すぐボノボンが欲しい場合は、実店舗に行って購入するしかありません。

ここでは、ボノボンを購入できる主な販売店を紹介していきます。該当する店舗が近所にある方は、ぜひチェックしてみてください。

コンビニエンスストア

ボノボンは、大手コンビニのセブンイレブン・ファミリーマート・ローソンなどで購入できます。お菓子コーナーまたはレジコーナーに置いてあり、買い物ついでに手に取りたくなる魅力があります。

なお、ボノボンの取り扱いは店舗によって異なるため、必ずしもボノボンが近所のコンビニで売られているとは限りません。また、チョコレートが溶けやすい夏場にはアルゼンチンからの輸入がストップすることもあります。

コンビニでボノボンを買うなら、秋~冬頃にファミリーマートに行くと良いでしょう。

薬局

ボノボンは、ウエルシア・レデイ薬局などのドラッグストアでも販売されている場合があります。サプリメントや化粧品などの商品と一緒に購入していく方が少なくありません。

ドラッグストアでは、薬や健康食品だけでなく一般の飲食料品も多く取り揃えられています。気分転換に重宝するボノボンも、ある意味では生活必需品の一つと言えるのかもしれません。

駄菓子屋

ボノボンは大手チェーン店だけでなく、個人商店の駄菓子屋でも販売されています。キラキラした袋に梱包されて一つずつバラ売りされており、なけなしのお小遣いを握りしめてボノボンを買いに来る子供たちを多く見かけます。

少子化の影響により、平成の20年間で7割以上も店舗数が減少してしまった駄菓子屋。もしも近所に貴重な駄菓子屋が残っている場合は、大人の方も童心に帰ってボノボンを買いに行ってはいかがでしょうか。

ドンキホーテ

総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」でも、ボノボンが取り扱われています。通常なら700~900円程度の値段が付いているパッケージタイプのボノボンが300~400円程度で販売されていることがあり、他店より安く買える魅力があります。

ドン・キホーテは全国の全てのエリアにあるわけではありませんが、都市部に観光旅行に出かけた時などに立ち寄れます。箱買いしたい方におすすめです。

100円ショップ

全国各地に出店しているダイソーやキャンドゥなどの100円ショップでも、ボノボンが販売されています。4~5個入りのボノボンを100円程度の値段で購入できるため、バラで買うよりお得です。

店舗によって取り扱われている種類が異なりますが、チョコクリーム・クリーミークリームなどの定番フレーバーは入荷している可能性が高いです。近所に100円ショップがある方は、店内をのぞいてみてはいかがでしょうか。

駄菓子輸入販売店「やおきん」

うまい棒や蒲焼さん太郎などの人気駄菓子を販売している「やおきん」は、アルゼンチン産のチョコレート菓子・ボノボンにいち早く注目していた会社です。自社独自のボノボン商品を販売していて、非常に人気があります。

なお、やおきんは直営販売店等を持たない企業であり、開発商品は全国各地の駄菓子屋・スーパーマーケット等で売られています。やおきんの商品を買える場所については、公式サイトをチェックしてください。

本社所在地

東京都墨田区横川5-3-2

電話番号

03-3622-8903

アクセス

JR錦糸町駅北口から徒歩15分

公式サイト

http://www.yaokin.com/

過去にボノボンは販売中止・回収になった?

世界的人気を誇っているチョコレート菓子・ボノボンは、日本国内で過去に何度か自主回収・販売中止になったことがあります。

「販売中止」という言葉を見ると非常にネガティブな印象を受けますが、ご心配には及びません。結論から言うと、ボノボンの自主回収・販売中止騒動は製造過程における一時的な問題です。商品自体に異常があるわけではなく、現在でも各店舗で普通に売られています。

それでも、なぜボノボンが販売中止になったのか気になる方もいることでしょう。ここでは、ボノボンが自主回収・販売中止になった経緯を紹介していきます。

最初のボノボンの自主回収・販売中止騒動は、2013年に起きました。ボノボンのメーカー側から要請があり、各コンビニが回収に動きました。特にセブンイレブンは全品自主回収作業を徹底したため、一時期ボノボンが入手困難になりました。

この自主回収・販売中止の原因は、ボノボンのパッケージの印字不良にあります。ボノボンの原材料表示が不明確になっていたことが、食品の安全性の観点から問題視されたようです。

ボノボンはアルゼンチンから輸入しているチョコレート菓子であり、海外産の小麦・大豆・牛乳などが使用されています。原材料表示欄に食品アレルギーに関する注意書きがなされていないことを懸念する声もあったのでしょう。

アルゼンチンの人気チョコレート菓子・ボノボンが販売中止になった理由
june29

それだけのことでわざわざ商品を自主回収・廃棄処分・販売中止にするのはもったいない、と思う方もいることでしょう。

しかし、当時は食材偽装表示事件が社会問題化していました。消費者の安全および食品メーカーとして会社の信頼にかかわる可能性があったため、念には念を入れて早めに対策を講じたのでしょう。

ボノボンの自主回収・販売中止騒動は、2016年にも再び発生しています。この時は、生産工程においてスクリューから乖離した金属片がやおきんの「ビッグブロックボノボン」の一部商品に混入してしまったことが原因でした。

どの地域に流通したボノボンに異物混入しているか正確に特定できなかったため、やむを得ず全品回収措置がとられました。

このように、過去に実施されたボノボンの自主回収・販売中止は、すべて一時的な事柄が原因です。商品そのものに異常があるわけではないので、安心して購入してください。

ボノボンのチョコレートを食べよう

アルゼンチン産のチョコレート菓子・ボノボンの魅力
JillWellington

今回は、ボノボンの特徴や買える場所、一時期販売中止になった理由などを紹介いたしました。

ほんのり甘くておいしいボノボンは、仕事や勉強で疲れた時の気分転換におすすめの商品です。10~30個入りのパッケージタイプのボノボンを購入しておけば、家族団欒にも重宝することでしょう。

チョコレート菓子が好きな方は、ぜひ本記事を参考にしてボノボンをチェックしてみてください。

関連記事

アルゼンチン赤エビの美味しい食べ方!おすすめレシピや特徴も紹介

アルゼンチン

アルゼンチン赤エビの美味しい食べ方!おすすめレシピや特徴も紹介

エビは世界でも人気の食材です。その中でも、アルゼンチン赤エビは、大きくて安くて美味しいという3拍子が揃っていて、家庭料理におすすめの食材のひとつです。鮮度がいいアルゼンチン赤エビはどのような料理にも向いていますので、レシピも含めてご紹介していきます。

フィッツロイ山(アルゼンチン・パタゴニア)でトレッキング!絶景スポットも

アルゼンチン

フィッツロイ山(アルゼンチン・パタゴニア)でトレッキング!絶景スポットも

パタゴニアの秀峰フィッツロイ山は氷河が作り出す絶景が有名で、アルゼンチンの世界自然遺産にも登録されています。フィッツロイ山は素晴らしい朝日が見れるトレッキングコースもあります。アルゼンチン・パタゴニアの絶対見逃して欲しくないトレッキングスポットを紹介します。

アルゼンチンの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード