アメリカと日本のコンセントの違いは?電圧・形状の違いについても解説!

お気に入りに追加

アメリカと日本のコンセントは異なる点もあるので、アメリカ旅行に行って電子機器を充電する場合には注意が必要です。この記事では、アメリカと日本の電圧の違いや、アメリカと日本のコンセントの形状の違い・変圧器や延長コードについて詳しく説明しました。

アメリカと日本のコンセントの違いは?電圧・形状の違いについても解説!

目次

  1. アメリカ旅行の前にコンセント事情を詳しく知ろう!
  2. アメリカのコンセントと電源プラグの規格や形状は?
  3. 日本とアメリカでは電圧が違う!
  4. アメリカのコンセントを使う時に変換プラグは必要?
  5. 日本の延長コードはアメリカのコンセントに使える?
  6. アメリカ旅行の前にはコンセントを把握しておこう!

アメリカ旅行の前にコンセント事情を詳しく知ろう!

4

アメリカ旅行に行く時に注意したいのが、アメリカと日本のコンセント事情が異なるということです。この記事では、アメリカと日本のコンセントに違いについて詳しく説明していきます。

ぜひ、アメリカ旅行の前に、アメリカのコンセント事情について詳しく知ってください。

アメリカのコンセントと電源プラグの規格や形状は?

r

ここからは、アメリカのコンセントと電源プラグの規格や形状について詳しく説明していきます。

アメリカの電源プラグは3つ口を差し込む

r1

日本の電源プラグは2つ口となっていますが、アメリカの電源プラグは3つ口を差し込むタイプとなっているものがほとんどです。

アメリカのコンセントは穴が3箇所ある

3

アメリカの電源プラグは3つ口を差し込むタイプとなっていることが多いので、コンセントの方にも穴が3箇所あります。

この3箇所の穴の2箇所には、日本で使われている2つ口の電源プラグを差し込むこともできます。ただ、日本とアメリカでは電圧が異なるため、日本のプラグをアメリカのコンセントに差し込む時には変圧器が必要になります。

また、3つ口のアメリカのコンセントに、日本の変圧器や電化製品のプラグが入らないということもあります。これは、アメリカのコンセントの左右に長さに微妙な差があるためです。

r1

もしプラグが入らないのであれば、上下を逆にしてもう一度コンセントに差し込んでみましょう。きっと今度は問題なく入るはずです。

それでもダメだった場合は、別のコンセントを使用するようにしてみましょう。そのコンセントが長年使われたことで、微妙に形状が変化してしまっている可能性もあります。

アメリカ旅行に変圧器は必要?不要?おすすめの変圧器も紹介!

日本とアメリカでは電圧が違う!

f

これはかなり重要なことなのですが、日本とアメリカでは電圧が違います。電圧が違うため変圧器が必要になり、変圧器を使用して電圧を変換しなかった場合にはトラブルが起きてしまうこともあります。

詳しく説明していきます。

日本とアメリカの電圧は?

f

日本の電圧は100V(ボルト)となっています。日本で販売されている電子機器・電化製品は、この100Vの電圧に合わせて作られているので、問題なく使えます。

ただ、アメリカの電圧は120Vとなっています。日本よりも20V高くなっているため、日本で購入した日本製の電化製品をアメリカで使おうとすると、120Vに対応していないために問題が起きてしまったりするのです。

日本の電圧

100V

アメリカの電圧

120V

iPhoneの電源アダプターはそのまま使える!

ff

ただ、iPhoneの電源アダプターであれば、日本の電圧の100Vから最大240Vまで対応しているので、アメリカ旅行中もそのまま充電に使えます。

iPhoneの電源アダプターは全世界の電圧に対応するように作られているので、特に変圧器を使用せずに充電することができます。

iPhoneに限らずアップルの製品は全世界の電圧に対応するように作られています。そのため、アップルの製品・正規品の電源アダプターであれば、変圧器で電圧を変換することなく充電することができます。

電化製品を使う時は要注意!

f12

先ほど、100Vにしか対応していない日本製の電化製品をアメリカのコンセントに差し込んで使おうとすると問題が起きると話しました。一体何が起きてしまうのかというと、電化製品が壊れてしまうことが多いのです。

変圧器を使用せずにそのまま日本製の電化製品をアメリカのコンセントに差し込んで使用したため、「パンッ」と大きな音がして、電化製品が壊れてしまうという経験をしている方は多いです。

壊れてしまっただけであればまだいいのですが、焦げた臭いがし始めたり、最悪の場合は電化製品から火が出る時もあります。大変危険なので、絶対に120Vに対応している電化製品を使うか、変圧器を使用するようにしてください。

アメリカへ旅行に行く時に変圧器は必要?

ff12

アメリカへ旅行に行く時に変圧器が必要かどうかですが、日本から海外の電圧に未対応のドライヤーなどの電化製品を持っていってアメリカで使用するような場合は、変圧器が必要になります。

そうではなく、電化製品はすべて備え付けのものを使う、使用しているスマートフォンはiPhoneでiPhoneの純正電源アダプターを使用しているという場合には、変圧器は必要ありません。

自分がアメリカ旅行中に使いたい電化製品が、アメリカの120Vに対応していないのであれば、変圧器が必要になるので前もって買っておきましょう。

変圧器を使用する場合でも消費電力には注意!

ff0

また、変圧器を使用する場合でも、ドライヤーなどの消費電力は高いので注意してください。どういうことなのかというと、多くの旅行用の変圧器は30W前後までの消費電力しか対応していません。

変圧器でアメリカの電圧・120Vに対応できるようになっても、ドライヤーの消費電力は1200Wとなっていることが多く、変圧器の規格外となってしまうのです。

そのため、日本製の100Vにしか対応していないドライヤーは、変圧器を使用してもアメリカで使用するのはかなり難しいです。

4

アメリカ旅行中に自分で持っていったドライヤーを使いたいという方におすすめなのが、最初から海外の電圧に対応しているドライヤーを購入して使用するということです。

海外の電圧に対応しているのであれば、ドライヤーを使用する際に電圧を心配する必要もありません。ぜひ、海外対応のドライヤーを購入するようにしてください。

アメリカのコンセントを使う時に変換プラグは必要?

d

アメリカのコンセントを使う時に、変換プラグは必要なのかどうかについて説明していきます。

アメリカと日本はAタイプという同じコンセントを使用しているので、基本的には変換プラグは必要ありません。

アメリカのコンセントには穴が3箇所ありますが、その穴の2箇所は日本のコンセントと同じ場所にあるので、日本の電源プラグも変換プラグを使用することなく差し込むことができます。

日本の延長コードはアメリカのコンセントに使える?

con

では、日本の延長コードはアメリカのコンセントに使えるのでしょうか。これは、結論から言うと使えません。

先ほども説明したように、アメリカのプラグは3つ口になっていることが多く、日本の延長コードについているコンセントには2箇所しか穴が空いていないので差し込むことができないことが多いのです。

ただ、アメリカのプラグにも2つ口のものはあるため、2つ口のプラグであれば差し込むことはできます。

55

また、日本の延長コードが、アメリカの電圧120Vに対応していないと危険です。延長コードには基本的に変圧器の機能はありません。

そのため、アメリカの2つ口のプラグを日本の延長コードに差し込もうとする場合でも、変圧器を併用する必要が出てきます。変圧器を使用せずに日本の延長コードをアメリカのコンセントに使用するというのは、絶対にやめてください。

アメリカ旅行の前にはコンセントを把握しておこう!

41

アメリカと日本のコンセントの違いや、電圧・形状の違いについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。アメリカの電圧は120Vとなっていますが、日本の電圧は100Vです。

アメリカと日本では電圧が異なるため、日本の100Vの電圧しか対応していない電化製品をアメリカのコンセントに差し込んで使おうとすると壊れてしまうこともあります。最悪の場合、電化製品から火が出ることもあるので注意してください。

電化製品を壊さないためにも、必ず変圧器で電圧を変換して電化製品を使うようにしてください。また、iPhoneの電源アダプターは全世界の電圧に対応しているので、電圧を変換する必要がありません。

14

変圧器は30Wくらいまでの消費電力にしか対応していないため、1200W前後の消費電力ドライヤーは変圧器を使用しても使えないことがあります。そのため、ドライヤーは海外の電圧にも対応しているものを購入することをおすすめします。

アメリカ旅行の前にコンセントを把握して、快適な旅行を楽しんでください。

関連記事

ホースシューベンドに広がる奇跡の絶景!楽しみ方や行き方を紹介

アメリカ

ホースシューベンドに広がる奇跡の絶景!楽しみ方や行き方を紹介

アメリカのアリゾナ州にあるホースシューベンドは、驚くほど湾曲したコロラド川の様子を見ることができる絶景スポット。最近は、SNSでもその絶景が注目され、たくさんの人が写真映えを求めて訪れる有名な場所です。ここでは、ホースシューベンド魅力をたっぷりとご紹介します。

テニアン島はサイパンから日帰りで行ける!行き方やおすすめスポットを紹介

アメリカ

テニアン島はサイパンから日帰りで行ける!行き方やおすすめスポットを紹介

テニアン島はサイパンから日帰りで行ける島です。この記事では、日本からサイパンを経由したテニアン島への行き方や、テニアン島のおすすめスポットを紹介しました。テニアン島で味わうことができるグルメについても紹介したので、ぜひチェックしてください。

ミニッツメイドパークはアストロズの球場!タルの丘・アクセスも紹介

アメリカ

ミニッツメイドパークはアストロズの球場!タルの丘・アクセスも紹介

ミニッツメイドパークはアストロズの球場です。この記事では、ミニッツメイドパーク近隣にあるおすすめ観光スポットやグルメ、タルの丘についても記述しています。その他に、野球観戦だけではなくアメリカ屈指の美術館やヒューストン宇宙センターなど見どころがたくさんあります。

アメリカ東海岸でおすすめの観光スポット21選!都市別におすすめを紹介!

アメリカ

アメリカ東海岸でおすすめの観光スポット21選!都市別におすすめを紹介!

アメリカ東海岸には、おすすめの人気観光スポットがたくさんあります。アメリカ東海岸で人気の観光には、どんな都市や旅行スポットがあるのでしょうか?この記事では、アメリカ東海岸で人気の観光スポットを、都市別にご紹介したいと思います。

アメリカでおすすめのカジノができる場所10選!カジノの種類やルールも紹介!

アメリカ

アメリカでおすすめのカジノができる場所10選!カジノの種類やルールも紹介!

アメリカには、カジノができるたくさんの施設が存在するため、日々世界中からたくさんの方が訪れています。今回は、そんなアメリカについてまとめました。おすすめのカジノスポットやカジノをしたことがない方向けの情報も解説していますので、興味のある方は是非ご覧ください。

アメリカのケーキがカラフルな理由は?おすすめのケーキ屋さんや通販サイトも!

アメリカ

アメリカのケーキがカラフルな理由は?おすすめのケーキ屋さんや通販サイトも!

アメリカではカラフルでかわいいケーキが大人気!アメリカのケーキは色、デザイン、サイズとも日本では考えられないような規格外のものがたくさん売られています。甘くておいしい、そしてフォトジェニックなアメリカのケーキの秘密、人気のおすすめ店などをご紹介します。

アメリカの気候や天気の特徴は?8つの区分で地域ごとに詳しく解説!

アメリカ

アメリカの気候や天気の特徴は?8つの区分で地域ごとに詳しく解説!

広大なアメリカ合衆国の気候は、大きく8つの気候区分に分かれています。この記事では、各区分の特徴と該当する州や都市を紹介し、天気や気温について詳しく解説しています。アメリカを旅行する予定のある方はぜひ参考になさってください。

アメリカ旅行に必要な持ち物をチェック!便利なものや禁止されているものは?

アメリカ

アメリカ旅行に必要な持ち物をチェック!便利なものや禁止されているものは?

旅行に行くときに気になるのが、旅行に持っていく持ち物でしょう。国内旅行なら現地調達も簡単ですが、アメリカ旅行になると持ち物はしっかりチェックしたいです。今回はアメリカ旅行に必要な持ち物や便利な物・禁止されているものをまとめてチェックしてみましょう。

アメリカで観光におすすめの国立公園20選!お得な年間パスやキャンプも!

アメリカ

アメリカで観光におすすめの国立公園20選!お得な年間パスやキャンプも!

アメリカには、観光におすすめの国立公園がたくさんあります。アメリカの国立公園で観光を楽しむには、お得な年間パスやキャンプもあるのでしょうか?この記事では、アメリカで観光におすすめの国立公園を厳選してご紹介したいと思います。

【アメリカ】カリフォルニアでおすすめの観光スポット14選!治安情報も!

アメリカ

【アメリカ】カリフォルニアでおすすめの観光スポット14選!治安情報も!

カリフォルニアは気候も良く広いアメリカの中でも人気のある観光地です。アメリカのカリフォルニアは大自然が多く、絶景を楽しる観光名所などの見どころやおすすめの観光地がたくさんあります。カリフォルニア旅行で絶対外せない定番の観光地やおすすめの観光地などを紹介します。

アメリカの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード