ピピ島(タイ)のおすすめ観光スポットとプーケットからの行き方を紹介

お気に入りに追加

タイのプーケットの近くにあるピピ島が世界中の注目の的になっています。どうしてこの島がそんなに人気があるのでしょうか。それはまさしく楽園といってよい美しさを備えているからなのです。タイのピピ島について、行き方から魅力までをまとめてみました。

ピピ島(タイ)のおすすめ観光スポットとプーケットからの行き方を紹介

目次

  1. タイのピピ島について紹介!
  2. ピピ島は映画「ザ・ビーチ」の舞台となった場所!
  3. ピピ島でおすすめの観光スポット
  4. ピピ島でのおすすめの楽しみ方
  5. ピピ島への行き方
  6. タイのピピ島で美しい海を思い切り楽しもう!

タイのピピ島について紹介!

ピピ島
9Bombs

約20年ほど前から、ピピ島という島が世界的に知られるようになり、毎年大勢の人たちが押しかけるようになりました。もともと美しい景観の島だったのですが、言わば知る人ぞ知るという謎めいた島でした。

いったいピピ島というところは、どのようなところなのでしょうか。

ピピ島は映画「ザ・ビーチ」の舞台となった場所!

ピピ島
Mariamichelle

タイのピピ島は確かに美しい島なのですが、ほんの20年ほど前まではほとんど知られていませんでした。ピピ島が一気にブレイクしたのは、アレックス・ガーランドの小説を元に2000年にレオナルド・ディカプリオ主演で映画化されたからなのです。

映画の中では、タイに一人で旅にやって来たリチャード(レオナルド・ディカプリオ)が、ひょんなことから「伝説のビーチ」を知ります。そのビーチは信じられないほど美しい所で、日常から解放される夢のような所なのだという話を聞かされます。

その後紆余曲折はありますが、とうとうリチャードは話しに出ていた夢のビーチを突き止めるのです。この映画はサウンドトラックのできもよく、大ヒットをしました。そして、この舞台となったタイのピピ島が世界的に有名になったのです。

楽園と言われるほど美しい「マヤベイ」

ピピ島というのは、正確に言えばピピ群島とでもいう6つの島が集合した地域を指しています。そして人が住んでいて比較的大きな島がピピドン島で、ここはプーケットまたはクラビからスピードボートで45分程度で到着します。

そして、映画の「ビーチ」が撮影されたのはピピレイ島で、この島はピピドン島から少し離れた小さな無人島なのです。ここのマヤベイという湾がまさに撮影の現場で、楽園というのがふさわしい美しさを誇っています。

なお、映画が公開されてから世界中の人たちが押しかけたために、環境破壊が進んでしまい、現在は閉鎖されて立ち入ることができません。環境の回復が待たれます。

住所

Koh Phi Phi Le Ko

 Phi Phi Phi Phi Island,

Krabi 81000THailand

アクセス

プーケットかクラビ

からスピードボート

公式URL

ピピのマヤベイ

断崖絶壁の洞窟「ヴァンキングケープ」

映画「ビーチ」の舞台となった楽園、ピピレイ島のマヤベイは断崖絶壁に囲まれた湾になっており、ここの海面は淡いエメラルドグリーンに輝いています。またこの断崖絶壁には「ヴァンキングケープ」という洞窟もあるのです。

この洞窟にはツバメの巣もあるようで、自然の作り出した造形美を楽しめます。まさに無人島の中で、楽園に迷い込んでいくような錯覚を覚えてしまうかも知れません。

ピピ島でおすすめの観光スポット

ピピ島
marinaoffice0850

ピピレイ島のマヤベイという世界中に知られた超人気スポット以外にも、ピピ島にはおすすめの観光スポットがあるのです。その中から4箇所のおすすめスポットを選んで紹介します。

昼も夜も楽しめる「ロー・ダラム・ビーチ」

ロー・ダラム・ビーチはピピ群島の中でも一番大きなピピドン島にあります。プーケットなどから船に乗ると、たいがいはピピドン島のトンサイ岬に着きます。そこから近いところにロー・ダラム・ビーチがあります。

このロー・ダラム・ビーチは朝から晩まで一日中楽しめる美しいビーチです。日中はきれいな海を前にして日光浴をしたり、海水浴を楽しめます。また、カヤックを漕ぐこともできるのです。

さらに夜になると、ビーチの近くには雰囲気の良いレストランやバーがあるので、ファイヤーダンスショーを楽しみながら、ゆっくりと食事ができます。

海は遠浅になっていて、昼間は水温も高くて安心して水辺で遊べます。水に身体を浸して美しい風景をただいつまででも見つめているのも魅力的な過ごし方です。やはりここの景色は絶品だからこそ、身体全体で感じましょう。

夕方になってくると、海はいつの間にか沖へと引いていき、砂浜が広がってきます。砂浜の近くにはレストランやバーが何件かあるので、昼間とは違った美しさを見せていく海の風景を見ながらくつろぐのも素敵な過ごし方です。

住所

Loh Dalum Beach Thailand

アクセス

ピピドン島のトンサイ岬

から徒歩5分

公式URL

ロー・ダラム・ビーチ

エメラルドグリーンの海が広がる「ピレ・ラグーン」

切り立った崖がそそり立つ、島の東側には大自然が作り出したラグーンがあります。エメラルドグリーンの海は美しく輝いており、ここでシュノーケリングをすると、海中には色とりどりの魚が見えます。

美しくも神秘的な海を十分に楽しみましょう。

シュノーケリングにおすすめ!「ローサマ・ベイ」

シュノーケリング
librtybeth

ローサマ・はベイはピピレイ島にあります。例の映画撮影の舞台となったマヤベイとは反対川の入り江なのです。ところが、マヤベイのような砂浜を想像すると全く異なった景色が出現します。

断崖絶壁のようなところからボートに乗って海に出てから、シュノーケルを装着して海に入ります。しかしながら、一旦海に入るとシュノーケリングの醍醐味を最大限に味わうことができます。

色とりどりの熱帯魚たちが目の保養になります。シュノーケリングに夢中になって、ボートに乗り遅れないように注意しましょう。

美しい大自然を堪能できる「バンブー島」

ピピ島というのは、実は6つの島があるピピ群島であるというのは説明したとおりです。これらの6つの島で一番大きいのがピピドン島で、映画ビーチの撮影場所がピピレイ島です。

他にはモスキート島、ビダノック島、ビダナイ島、そしてバンブー島があるのです。このバンブー島というのは観光開発されていない無人島で、白い砂浜とエメラルドグリーンの海が自然豊かに広がっています。

このバンブー島は観光客が滅多に来ないので、ほとんど手つかずの自然が残っているのです。ここに来てシュノーケリングをしたら気持ちよいでしょう。なお、一つ注意することはこの島には宿泊施設がありませんので、日暮れ前にはボートで帰ることです。

ピピ島でのおすすめの楽しみ方

ピピ島
Free-Photos

ピピ島に来ると、今まで憧れていた美しいビーチが、現実のものとして目の前に広がります。こういうのを楽園というのだと心から喜びがこみ上げてくるでしょう。ただ目の前の絶景を見ているだけでも優雅な時間が過ぎていきます。

景色に圧倒されているばかりではもったいないので、ピピ島でのおすすめの楽しみ方をいくつか紹介します。

ダイビング・シュノーケリング体験

ダイビング
CSITDMS

ピピ島には海上だけでなく、海中も楽しめるスポットがたくさんあるので、特に透明度が高くて魚が集まって来るエリアならば、海の中を見てみると最高です。ピピ群島にはシュノーケリングやダイビングに適したスポットがあちこちにあります。

自分だけの力で海に潜って楽しめる場所もあれば、ボートに乗っていって海に入るエリアもあります。だいたいはエメラルドグリーンが美しい海ですが、場所によって美しさも変化しますので、いくつかのスポットを試してみると良いでしょう。

アイランドホッピングツアー

ピピ島、つまりピピ群島の島々をボートで巡るのも面白いです。ピピドン島に宿をとって、そこでロングテールボートをチャーターすれば、自由きままに島々を巡ることができます。

このようにロングテールボートに乗って、好きな島へ向かう観光客がけっこういます。ツアーに入って大人数で島巡りをしてもよいですが、もしものんびりと気ままにアイランドホッピングツアーを楽しむならば、個人ツアーがおすすめです。

ピピ島への行き方

ピピ島はタイのプーケットやクラビから船に乗って行くというのが一般的な行き方になります。プーケットからフェリーが出ていますので、日本の感覚だと楽勝で行けるように思えますが、少し注意が必要になります。

プーケットからフェリーで行く時の注意点

フェリー乗船時に注意すべきことは、大きな荷物は預けたあと下船するまでは取り出すことができません。必要なものや貴重品は手元に置いておくようにしましょう。

次に注意すべきことは、プーケットのラサダ港からピピ島へは3時間くらいはゆうにかかってしまいます。従って例えば日帰りをしようとすると、スケジュールがタイトで現地で過ごす時間が取れません。

どうしても日帰りをするのならば、朝早い便で行って夕方できるだけ遅い便で帰ってきましょう。できるならば宿泊したほうがピピ島をゆっくり楽しめます。

タイのピピ島で美しい海を思い切り楽しもう!

世界には楽園と呼ばれる美しい海のリゾート地がいくつかありますが、タイのピピ島はおそらく21世紀に入って最も美しいと評判になったビーチでしょう。世界中の人たちが憧れる美しい海のあるピピ島へ行ってみましょう。

きっと神秘的で魅力的な世界を、十分に堪能できるはずです。

プーケットのおすすめ買い物・ショピングスポット!マーケットへの行き方は?
プーケットは雨季でもおすすめ!人気のスポットや過ごし方も紹介

関連記事

タイ・バンコクのお土産ランキング!おすすめ雑貨・女子人気のお菓子も紹介

タイ

タイ・バンコクのお土産ランキング!おすすめ雑貨・女子人気のお菓子も紹介

タイのお土産の人気は依然として高く、たくさんの旅行客がお土産を抱えて帰ってきます。タイのバンコクではお土産屋が多数ありますが、おすすめの雑貨やコスメ、女子に人気のお菓子などバンコクで手に入るおすすめの人気お土産を、ランキング形式でいろいろまとめてみました。

ワットロンクン(ホワイトテンプル)の魅力!見どころや行き方も紹介

タイ

ワットロンクン(ホワイトテンプル)の魅力!見どころや行き方も紹介

タイの名所ワットロンクン(ホワイトテンプル)が観光客に人気となっています。ワットロンクン(ホワイトテンプル)には、どんな魅力や見どころがあるのでしょうか?この記事では、タイでおすすめの観光名所ワットロンクンについて、ご紹介したいと思います。

ホアヒン(タイ)のおすすめ観光スポット!周辺ホテルや行き方も紹介

タイ

ホアヒン(タイ)のおすすめ観光スポット!周辺ホテルや行き方も紹介

バンコクから南西に200kmにあるホアヒンはタイ有数のビーチリゾートですが、プーケット等と違い、落ち着きのある優雅な雰囲気が特徴です。とは言え、ホアヒンにも観光スポットが沢山あります。そこで今日はホアヒンのおすすめ観光スポットを周辺ホテルとあわせて紹介します。

パタヤ(タイ)のおすすめ観光スポット!レストランや買い物スポットも紹介

タイ

パタヤ(タイ)のおすすめ観光スポット!レストランや買い物スポットも紹介

日本人からも人気を集めるタイにある人気のビーチリゾート・パタヤのおすすめ観光スポットをご紹介します。パタヤの人気の観光スポットから子連れも楽しめる穴場の人気観光スポット、評判の良いレストランや買い物スポットなどをご紹介します。

スワンナプーム国際空港(タイ)の過ごし方!アクセス方法も紹介

タイ

スワンナプーム国際空港(タイ)の過ごし方!アクセス方法も紹介

スワンナプーム国際空港は、タイのバンコク中心部から30km東にある国際空港です。タイを最後まで満喫できる貴重なスポットでもあります。乗り継ぎや帰国便待ちで長い時間を過ごす場合も、スワンナプーム国際空港で飽きずに楽しく過ごせる方法をご紹介します。

サメット島(タイ)はバンコク近くのビーチ!おすすめ観光ツアーも紹介

タイ

サメット島(タイ)はバンコク近くのビーチ!おすすめ観光ツアーも紹介

タイ・サメット島はバンコク近くのビーチです。この記事では、タイ・サメット島のおすすめ観光ツアーやビーチ・グルメ店・ホテルについて紹介しました。サメット島で人気のお土産についても紹介したので、ぜひチェックしてみてください。

サムイ島(タイ)のおすすめ観光スポット!行き方やベストシーズンも紹介

タイ

サムイ島(タイ)のおすすめ観光スポット!行き方やベストシーズンも紹介

タイのサムイ島は、世界各国から観光客が集まる常夏の観光リゾート地です。島独特のアクティビティスポットや澄み切った水の美しさに圧倒されるビーチなどは、多くの観光客を惹きつけています。今回は、そんなサムイ島の観光スポットを詳しく調査しましょう。

カオニャオ・マムアンはマンゴーともち米のスイーツ!タイや日本のお店を紹介

タイ

カオニャオ・マムアンはマンゴーともち米のスイーツ!タイや日本のお店を紹介

タイはご飯ものだけでなく、スイーツもフルーツやココナッツをつかったものや中華系のものまで、沢山の種類があります。その中で、タイを代表するスイーツがカオニャオ・マムアンです。そこで今日はカオニャオ・マムアンの魅力やタイと日本でおすすめのお店を紹介します。

カンチャナブリ(タイ)の観光スポット!泰緬鉄道や行き方も紹介

タイ

カンチャナブリ(タイ)の観光スポット!泰緬鉄道や行き方も紹介

カンチャナブリは、タイに位置している地域です。アカデミー賞を受賞した映画の舞台になったこともあり、たくさんの観光スポットが存在します。今回は、そんなカンチャナブリのおすすめ観光スポットについてまとめました。興味のある方は、是非ご覧ください。

パタヤビーチ(タイ)は人気リゾート地!おすすめ観光スポットを紹介

タイ

パタヤビーチ(タイ)は人気リゾート地!おすすめ観光スポットを紹介

タイのパタヤビーチはバンコクから2時間半の距離にある人気のビーチリゾートです。タイ・パタヤビーチは昼も夜も遊べるビーチリゾートで、世界中から観光客が集まるほど人気があり常に賑わっている観光地です。パタヤビーチでの過ごし方などをパタヤビーチについて紹介します。

タイの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード